顧客のエンドポイントを表示、追加、編集する

エンドポイントは、MSPComplete が Exchange Server、Office 365、G Suite または他の Cloud Services などのサーバーおよびサービスへの接続を確立するために使用する顧客特有の資格情報のセットです。新規のエンドポイントを作成するとき、デリバリーを行いサービスを常に監視をする一意の管理者資格情報を設定して、他の顧客関連アクティビティがより効率的および安全に行えるようにできます。

顧客のために作成したエンドポイントを使って、移行や他のプロジェクトを実行したり、管理タスクを実行したり、連続的に性能とアクティビティ情報を集め、データにもとづいたレポートの生成ができます。エンドポイントが顧客のユーザーとユーザー グループの自動検知を実行し、ネットワークにアクセスできます。BitTitan 製品とサービスの全体の範囲をひとつのエンドポイントが何度でも使用できます。

MSPComplete インターフェイスで、スクリーン ショットにあるように、個人の顧客のコンテキストでエンドポイント ページからエンドポイントを管理します。

 

重要: MigrationWiz の操作中、既存の MSPComplete エンドポイントか新規のエンドポイントを作成するか選べます。新規のエンドポイントを作成するときは MSPComplete に直接的に生成され、次に自動的に MigrationWiz と同期し、使用できるようになります。

この記事の内容は

 

エンドポイントの表示

MSPComplete のエンドポイント ページは、顧客のエンドポイントの概要、エンドポイントの追加、並べ替え、検索、編集および削除が可能です。顧客にエンドポイントからサービスの追加もできます。

顧客のエンドポイントを表示するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを表示する顧客をクリックします。
  3. ページの上にある [エンドポイント (Endpoints)] のタブをクリックします。
  4. 表示されているエンドポイントに関連付けされているユーザーを表示するには、エンドポイントの列をクリックします。
  5. エンドポイントの詳細の表示を閉じるには、右上の [X] をクリックしてください。

 

エンドポイントの追加

MSPComplete の顧客にエンドポイントを手動で簡単に追加できます。しかし、MSPComplete は現時点ではユーザーとグループの自動的検知とインポートについては、下記のエンドポイント タイプのみサポートします。

  • Exchange Server 2007+
  • Office 365
  • Office 365 (中国)
  • Office 365 (ドイツ)
  • Office 365 (US 政府)
  • G Suite (管理者のユーザー名での Gmail)
  • Dynamics CRM
  • Salesforce CRM

エンドポイントを追加するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを追加する顧客をクリックします。
  3. ページの上にある [エンドポイント (Endpoints)] タブをクリックし、[エンドポイントの追加 (Add Endpoint)] をクリックします。
  4. 新規エンドポイント フォームでは、詳細の下に求められた情報を入力してください。

    フィールド名

    説明

    名前

    任意のエンドポイントの名前

    サービス プロバイダーを検出

    作成するエンドポイントがローカルのエンドポイントではなく、サービス プロバイダーによってホストされるときにこのコントロールを使います。

    サービス タイプが不明なときは、このボタンをクリックして、ドロップダウン リストからプロバイダーをクリックします。選択にもとづいて、MSPComplete は自動的にいくつかのまたはすべての残りのフィールドを入力します。

    エンドポイントの種類

    [エンドポイント タイプ (Endpoint Type)] の下矢印をクリックして、ドロップダウン リストから適切なエンドポイントの種類をクリックします。

    注意: エンドポイントの種類を選択すると、フォームが拡大され、エンドポイントの種類に必要または有効な追加接続情報と資格情報をすべて入力できます。これらの追加フィールドはエンドポイントの種類によって変わります。

    • 資格情報を提供
    • 資格情報を提供しない

    この 2 つのオプションはあるエンドポイントの種類にのみフォーム上に表示されます。[資格情報を提供 (Provide credentials)] を選択すると、フォームが拡大し、さらに入力フィールドが表示されます。

    SSL を使用

    エンドポイントの種類によっては、SSL チェックボックスがフォームの下に表示されます。新規のエンドポイントを、SSL (Secure Sockets Layer) で保護するときは、このチェックボックスをオンにします。

    注意: IMAPおよびPOP エンドポイントには SSL オプション (チェックボックス) が付きます。

    • プロバイダーが SSL を使用している場合、このチェックボックスをオンにして、SSL のポート番号を与えられたフィールドに入力します。IMAP エンドポイントでは、デフォルト SSL ポート番号は 993 です。POP エンドポイントでは、デフォルト SSL ポート番号は 995 です。

    プロバイダーが SSL を使用していない場合、このチェックボックスをオフにして、non-SSL のポート番号をフィールドに入力してださい。IMAP エンドポイントでは、non-SSLのデフォルト ポート番号は 143 です。POP エンドポイントでは、non-SSLのデフォルト ポート番号は 110 です。

  5. [追加 (Add)] をクリックします。

下記のスクリーン ショットで、エンドポイントの種類によって新規のエンドポイントに入力する資格情報が異なるのが分かります。必須の資格情報もあれば、オプションの資格情報もあります。

endpoints02.png

MSPComplete がサポートするエンドポイントの種類とシステムのリストは、サポート技術情報の「What endpoints do you currently support? (現在どのエンドポイントをサポートしていますか?)」を参照してください。

 

エンドポイントでサービスを追加

顧客全体のサービスを追加する代替方法として、エンドポイントを使ってそのエンドポイントに関連するユーザー、グループ、コンピューターにのみ適用するサービスを追加する方法があります。

サービスをエンドポイントを介して追加するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. サービスを追加する顧客をクリックします
  3. ページの上にある [エンドポイント (Endpoints)] タブをクリックし、[新規のサービス (New Service)] をクリックします。
    エンドポイントに関連したサービスのみを含むサービス ライブラリ全体をフィルターしたサブセットが表示されます。
  4. 追加をするサービスをクリックします
  5. フォームの「サービスの詳細 (Service Details)」にあるフィールドを入力してください。

    フィールド名

    説明

    サービス名

    デフォルトでこのフィールドは、選択したサービス名になります。任意のサービス名に編集して結構です。

    チームの割り当て

    チームが顧客用に作成された場合、このサービスをドロップダウン リストのチームに割り当てることができます。または、このフィールドをスキップし、特定のメンバーにサービスを割り当てることもできます。

    担当者

    ドロップダウン リストにある特定のメンバーをサービスに割り当てできます。

    スケジュール (省略可能)

    • 開始日
    • 期日
    • ドロップダウン カレンダーからサービスの開始日を設定します。
    • ドロップダウン カレンダーからサービスの期日を設定します。


    ヒント: サービスのタスク リストを表示するには、フォームの [サービスについて (About This Service)] をクリックします。
  6. [サービスの追加 (Add Service)] をクリックします。

 

エンドポイントの並べ替えと検索

並べ替えと検索を使うと、顧客のエンドポイントのリストを簡単に操作できます。例えば、特定の顧客の Office 365 のエンドポイントを表示したいとき、またはエンドポイントの正確な名前を忘れたときなどに便利です。

エンドポイントを並べ替えするには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを並べ替えする顧客をクリックします。
  3. ページの上にある [エンドポイント (Endpoints)] のタブをクリックします。
  4. [名前 (Name)][エンドポイント (Endpoint)] または [ユーザー (Users)] の横にある上または下矢印をクリックします。

    ヒント:
    「並べ替え (Sort)」メニューの各オプションの左には矢印が2つあります。上の矢印をクリックして、昇順 (A、B、C、...) または下の矢印をクリックして降順 (Z、Y、X、...) を選択します。

エンドポイントを検索するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを検索する顧客をクリックします。
  3. ページの上にある [エンドポイント (Endpoints)] のタブをクリックします。
  4. [エンドポイントの検索 (Search Endpoints)] ボックスに文字を入れて、[入力 (Enter)] を押します。

 

エンドポイントの編集

MSPComplete で既存のエンドポイントのエンドポイント情報を変更する理由は多くあります。例えば、エンドポイントを作成したときに管理者資格情報を入れなかったけど、資格情報を入れることにしたときなどです。

エンドポイントを編集するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを編集する顧客をクリックします。
  3. ページの上にある[エンドポイント (Endpoints)] のタブをクリックします。
  4. 編集するエンドポイントをポイントしてから、[編集 (Edit)] (鉛筆アイコン) をクリックします。
  5. フォームにあるフィールドやオプション フィールドに必要な編集を行います。

    注意: フォームに表示されるフィールドやオプション フィールドは、選択したエンドポイントの種類によって異なります。

 

エンドポイントの削除

使用しなくなったエンドポイントの削除や顧客ではなくなった対象に作成したエンドポイントを削除して、現在のエンドポイントリストの管理を簡単にしましょう。

エンドポイントを削除するには、次の手順に従ってください。

  1. 左ナビゲーション ウィンドウで、適切なワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. エンドポイントを削除する顧客をクリックします。
  3. ページの上にある[エンドポイント (Endpoints)] のタブをクリックします。
  4. 削除するエンドポイントをポイントしてから、[削除 (Delete)] (ゴミ箱アイコン) をクリックします。
  5. 削除を確認するダイアログがでたら、[OK] をクリックします。
  6. ステップ 4 と 5 を繰り返して、他のエンドポイントを削除します。
この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています