EWSを使用してメールボックスのアクセシビリティを確認する

EWSを使用してメールボックスにアクセスできるかを個別に確認するには、次の手順に従ってください。

  1. https://testconnectivity.microsoft.comにアクセスします 。 
  2. Office 365を使用している場合は、[Office 365]タブをクリックします。
  3. [サービスアカウントアクセス(開発者)]を選択し、[次へ]をクリックします。
  4. アクセシビリティをチェックするメールボックスのメールアドレスを指定します。
  5. サービスアカウントのユーザー名を指定します。コネクタ(エンドポイント)で管理者資格情報を使用している場合は、同じユーザー名を入力します。
  6. サービスアカウントのパスワードを指定します。コネクタ(エンドポイント)で管理者資格情報を使用している場合は、同じパスワードを入力します。
  7. [Exchange WebサービスのURLの指定]をオンにして、 URLを指定します(例:https://server/EWS/Exchange.asmx)。
  8. Exchange Serverを使用している場合は、[Exchange 偽装を使用する (Use Exchange Impersonation)]をオンにしないでください。Office 365で偽装を使用している場合は、チェックボックスをオンにしてください。
  9. [SSLの信頼を無視する]をオンにします。
  10. [テストの実行(Perform Test)]をクリックします。
  11. 結果が表示されたら、全体の結果を確認し、[すべて展開(Expand All)]をクリックします。

最初に権限を付与する必要がある場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
7人中2人がこの記事が役に立ったと言っています