ホスティングされたExchangeサーバーからOffice 365への移行ガイド

はじめに

本記事は、ホスティングされたExchange ProviderからOffice 365にメールボックスを移行するための導入手順書です。 表記されている順序に従い、各ステップを完了してください。

MSPCompleteセクションには、デバイス管理エージェント(DMA)をエンドユーザーにデプロイする手順が含まれています。DMAは、HealthCheck for Office 365およびDeploymentProのモジュールを含むエージェントです。HealthCheck for Office 365やDeploymentProを使用する場合は、DMAをエンドユーザーにデプロイする必要があります。

HealthCheck for Office 365を使用して、エンドユーザーのハードウェアとソフトウェアがOffice 365と互換性があるかどうかを事前に確認することを強くお勧めします。

  • 注: HealthCheck for Office 365は無料のユーティリティです。 

また、この移行シナリオでは、DeploymentProを使用してOutlookプロファイルを再構成することをお勧めします。

  • 注: DeploymentProは、UMB(User Migration Bundle)ライセンスに含まれています。DeploymentProはスタンドアロンサービスライセンスとして購入することはできず、一回用メールボックス移行ライセンスに追加することもできません。移行後にDeploymentProを使用してOutlookメールプロファイルをリモートで構成する場合は、UMB(ユーザー移行バンドル)ライセンスを購入してください。

MigrationWizは(同期ソリューションではなく)移行ソリューションであり、以前に実行された移行サイクルで移行されたアイテムの更新、削除、または移動を追跡しません。これは、MigrationWizには(同期エージェントのように)「ライブ」での変更のモニタリング機能はなく、ユーザーの操作なしに競合解決などを処理することができないためです。移行中、もしくは移行後に手動で移動されたドキュメントは、新しいアイテムとして扱われ、移行先に重複してコピーされます。

MigrationWizは、ワークグループをまたがって、移行プロジェクトを共有する機能をサポートしています。プロジェクト共有機能をオンにすると、非アクティブなエージェント以外のすべてのエージェントに、全ての移行プロジェクトが表示されます。詳細については、MigrationWizのプロジェクト共有をご覧ください。

移行元環境を準備する

  1. Exchangeホストプロバイダーへ、移行のためのアカウント(アカウント名”MigrationWiz”など)の作成を依頼し、下記のPowerShellスクリプトを実行し、MigrationWizアカウントに対して各メールボックスへのフルアクセス権を付与するよう依頼します。
    Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Add-MailboxPermission -AccessRights FullAccess -User MigrationWiz
    注:
    • Exchangeホストプロバイダーの中には、Webポータルを介してアクセスを許可している場合もあります。その場合、ポータルを介して各メールボックスにログインし、移行のためのアカウント(”MigrationWiz”など)に各メールボックスへの読み取り/書き込みアクセス権を付与してください。当然ながら、この作業は面倒かつ時間がかかります。よって、特に多数のユーザーがいる場合は、Exchangeホストプロバイダーに上記PowerShellスクリプトの実行を依頼する事をお勧めします。
    • ですが、Exchangeホストプロバイダーによっては、このアクセスを許可しない場合もあります。その場合は、移行中にエンドユーザーから資格情報を要求するように設定する事ができます。
  2. 非常に大規模なプロジェクトの場合、移行元で偽装(Impersonation)を使用するようにプロジェクトを設定することにより、効率を最大化できます。偽装(Impersonation)を有効にするには、Exchangeホストプロバイダーに以下のPowerShellスクリプトを実行を依頼する必要があります。 
    New-ManagementRoleAssignment -Role ApplicationImpersonation -User <admin_user_name>注:
    • 多くのホストプロバイダーは、この要求に応じません。
    • (要求に応じて貰えた場合の)2番目のステップは、移行元で偽装(impersonation)を使用するようにMigrationWizプロジェクトの詳細オプション(Advanced Options)を設定することです。この手順は、本ガイドのMigrationWizセクションに含まれています。
  3. メールボックスへのアクセスをテストします。 
  4. メールボックスをCSVファイルにエクスポートします。
    • Exchangeホスト環境で管理者の資格情報を持っている場合、必要なのはメールアドレスのリストのみです。移行される各メールボックスのパスワードは必要ありません(MigrationWizは委任を使用し、管理者資格情報に基づいて移行を実行するため)。
    • Exchangeホスト環境で管理者の資格情報がない場合(一般的なケース)、すべてのユーザーのメールアドレスとパスワードを取得する必要があります。
      上記を取得するオプション:
      • Exchangeホストプロバイダーに提供を依頼します。
      • プロバイダーの管理コンソールにエクスポート機能がある場合は、ツールを実行してユーザーリスト(および必要に応じてパスワード)をCSVファイルにエクスポートします
    • Exchangeホストプロバイダーからメールボックスとパスワードのリストが取得できない場合は、移行プロセスの一環として、ユーザーにメールボックスのログイン情報をMigrationWizに送信することをリクエストします。

 

移行先環境を準備する

  1. 移行に使用する管理者アカウントをOffice 365で作成するか、テナントのグローバル管理者アカウントを使用します。 
  2. Office 365でアカウントをセットアップし、ライセンスを割り当てます。これにはいくつかの方法があります。
  3. 大きなメールアイテムを送受信するためにテナントを準備します。

 

MigrationWizの手順

  1. メールボックス移行プロジェクトを作成します(Create a Mailbox Project)。 
  2. プロジェクトに移行するアカウント(「アイテム」とも呼称します)を追加します。「一括追加」オプションを使用し、このガイドの「前提条件」セクションの手順に従って作成したCSVファイルからインポートします。 
    • Exchangeホストプロバイダーからメールボックスとパスワードのリストが取得できない場合は、移行プロセスの一環として、ユーザーにメールボックスのログイン情報をMigrationWizに送信することをリクエストします。
  3. プロジェクトの「詳細オプション(Advanced Options)」を設定します。 

    この移行シナリオでは、次のオプションが最も有用です。
    • 偽装(Impersonation)を使用する場合、最大同時移行数(Maximum concurrent migration)の値​。「パフォーマンス(Performance)」セクションで、1000などの非常に高い値に設定できます。

      注: 偽装(Impersonation)を使用する場合、この値に制限はありません。
    • 偽装(Impersonation)を使用しない場合は、最大同時移行数を設定することをお勧めします 値を20などの低い数値に設定します。
    • 非常に大規模なプロジェクトの場合、移行元で偽装(Impersonation)を使用するようにプロジェクトを設定することにより、効率を最大化できます。(本ガイドの「移行元環境を準備する」に記載しています。)ただし、多くのホストプロバイダーは、この要求に応じません。応じてくれる場合、「移行元で偽装を使用する(Use impersonation at source)」のチェックボックスをチェックします。

      注:Exchangeの偽装(委任ではなく)では、ユーザーごとの調整ポリシーの割り当てを使用します。これにより、非常に多数のユーザーを同時に移行できます。
    • 移行先で偽装(impersonation)を使用するように設定します。「移行先で偽装を使用する(Use Impersonation at Destination」チェックボックスにチェックを入れます。 
  4. 資格情報の検証(Verify Credentials)を実行します。 
  5. 移行が行われることをユーザーに通知します。すべてのユーザーにメールを送信し、移行の日時を伝えます。
  6. 前段階移行(Pre-Stage)サイクル:ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックし、「前段階移行(Pre-Stage Migration)」を選択します。「移行のスケジューリング」セクションのドロップダウンリストから、「90日前(90 Days Ago)」を選択し、「移行を開始」をクリックします。 
  7. MXレコードのカットオーバー。DNSプロバイダーのポータルでMXレコードを切り替えます。また、AutoDiscover(CName)設定を含めます。

    注: 数回の移行サイクルに分けて移行、かつ併用が必要な場合、最終サイクルの移行が終了するまでMXレコードをカットオーバーせず、2つの追加手順を実行する必要があります。
    • メールの転送設定を行います。
    • Office 365でメールルーティングを設定します。 
  8. エンドユーザーにメールを送信し、Outlookプロファイルの再構成に関して操作があることを知らせます。
  9. ユーザーが自動検出を使用して新しいプロファイルを作成できるように、自動検出を再度有効にするか、DeploymentProを使用して新しいOutlookプロファイルの構成を自動化します。 
  10. 完全移行(デルタ)サイクル:ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックして、「完全移行(Full Migration)」を選択し、「移行を開始」をクリックします。 
  11. エラーの再試行(Retry Errors)を実行します。 
  12. ユーザーリストを確認し、赤い「移行に失敗しました」エラーをクリックします。表示された情報に従って操作してください。
  13. 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。
  14. DeploymentProを使用しない場合、ユーザーは新しいOutlookプロファイルを作成し、再度署名を設定し、以前のプロファイルに添付されていたPSTファイルを再添付する必要があります。
  15. MigrationWizダッシュボードの「円グラフアイコン」をクリックすると、プロジェクトから全ての移行統計情報をメールで受信できます。 
この記事は役に立ちましたか?
13人中6人がこの記事が役に立ったと言っています