MigrationWiz でフォルダー マッピングを追加できますか?

MigrationWiz でフォルダー マッピングを追加できますか?

回答:

はい、できます。これには、詳細オプション (Advanced Options) を使用します。

  • 移行中は通常、受信トレイとフォルダー構造全体は、移行先メールボックスで同じ構造に変換されます。
  • しかし、受信トレイ フォルダーをまったく異なるフォルダーにマッピングする場合はどうなりますか?たとえば、受信トレイ フォルダーを「Managed Folder (管理フォルダー)」という名前のフォルダーに変換するにはどうしますか?
  • フォルダー マッピングのいくつかの例を、この記事の最下部に示しています。

 

各受信トレイでフォルダー マッピングを追加するには

以下の手順に従います。

  • MigrationWiz ダッシュボードから、ユーザー リストに移動し、[アイコンの編集 (Edit icon) (鉛筆アイコン)] をクリックして受信トレイ設定を開きます。 
  • 次の構造を使用して、サポート オプション (Support Option) を追加します。
    • FolderMapping="^SourceFolder->DestinationFolder"
    • "+" 記号をクリックします。

注意: フォルダー マッピングを追加するには、"+" 記号をクリックする必要があります。

  • [アイテムの保存 (Save Item)] をクリックします。

 

フォルダー マッピングをプロジェクトごとに追加 (これで、プロジェクト内のすべてのメールボックスで追加したフォルダー マッピングが移行中に変換されます) するには

以下の手順に従います。

  • MigrationWiz ダッシュボードから[プロジェクトの編集 (Edit Project)] ボタンをクリックし、ドロップダウン リストから[詳細オプション (Advanced Options)] を選択します。
  •  [サポート (Support)] セクションの [サポート オプション (Support Options)] から、次を指定します。
    • FolderMapping="^SourceFolder->DestinationFolder"
    • "+" 記号をクリックします。

注意: フォルダー マッピングを追加するには、"+" 記号をクリックする必要があります。

  • [保存オプション (Save Options)] をクリックします。
  • [プロジェクトの保存 (Save Project)] をクリックします。

 

フォルダー マッピング オプションの例

  • FolderMapping="^Sent Emails->My Sent Items" (送信済みアイテム (Sent Items) フォルダーを「マイ送信済みアイテム (My Sent items)」という名前のフォルダーにマッピングします)

  • FolderMapping=”^Inbox->Managed Folder”​ (受信トレイ フォルダーを「管理フォルダー (Managed Folder)」という名前のフォルダーにマッピングします)

  • FolderMapping="^.*$->DestinationFolder" (移行元フォルダー全体にわたるメールをすべて 1 つの移行先フォルダーにマッピングします)

その他の説明について:^.*$ の意味:

    • 文字列の先頭に一致 (^)

    • 任意の文字 (.*)

    • 文字列の末尾に一致 ($)

  • FolderMapping="^->DestinationFolder/" (移行先フォルダー内のフォルダー階層を維持しながら、ルート レベルから 1 つの移行先サブフォルダーにいたるあらゆるものをマッピングします)注意: 移行元でカレンダーや連絡先など複数のアイテムの種類がある場合は、代わりに KB005625 で説明されているマッピングを使用します。
    • その他の説明について
      • フォルダー名の末尾に「/」 (スラッシュ) を必ず追加し、MigrationWiz にその移行先フォルダーの下に新しいサブフォルダーを作成するよう指示します。
      • この操作を行う場合、通常のフォルダー (Google Drive の「権限」フォルダーなど) だけでなくシステム フォルダーもマッピングされるため注意してください。
  • FolderMapping="^Floor 5-A5-8-T4-\(AV\+TC\)->Calendar"

その他の説明について

    • このフォルダー マッピングは、次の移行元をマッピングします。"^Floor 5-A5-8-T4-(AV+TC)->Calendar"

    • 左の部分は RegEx であるため、特殊文字はエスケープ文字で指定する必要があります (「エスケープ」とは通常、「二重引用符の中に配置されている」という意味です)。

  • FolderMapping="^Documents->Documents/DestinationFolder" (GoogleDrive のドキュメント フォルダーを Microsoft OneDrive のドキュメント フォルダーの下にある指定の移行先フォルダーにマッピングします)

注意:

  • 移行元フォルダーは、表示されるフォルダーとは (API レベルで) 異なる場合があります 。したがって、フォルダー マッピングを指定する場合は、フォルダー名の正確な形式に特に注意を払ってください。

(例: [Gmail]/Sent for Sent)。

  • RegEx のテストに役立つユーティリティ: http://regexhero.net
  • {%Escape%} は予約語です。
    • フォルダー マッピングを作成する場合は使用しないでください。
    • 移行元の元のフォルダー名の末尾が {%escape%} の場合は、移行前に手動で名前変更してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています