G Suite から OneDrive for Business への移行ガイド

はじめに

この移行ガイドでは、G Suite から OneDrive for Business へドキュメントを移行する手順について説明しています。

移行対象

  • ドキュメント 

移行対象外

  • 個人の Google ドライブはサポートされていません
  • Google Forms
  • Google Templates - ただし、テンプレートが適用されたファイルは移行されます
  • 作成日 (Creation Date) - 作成日は「移行日」(date of migration) の日付に変更されます
  • 修正日 (Modification Date)
  • スクリプト/マクロ - ドキュメントに移行する際にスクリプトはマクロに変換されません
  • ドキュメントの履歴 (Document History)
  • コメント (Comments)
  • バージョン履歴 (Version history)

前提条件

移行手順

  1. ドキュメントの移行 (Document Migration) プロジェクトを作成します。 MSPComplete でドキュメント移行プロジェクトを設定するにはどうすればよいですか?
  • ドキュメント移行プロジェクトを作成し、顧客を選択し、移行元エンドポイント (Google Drive) を選択して移行先エンドポイント (OneDrive) を選択します。
  • MSPComplete オプションを使って、作成されたユーザーをインポートします。
  • ユーザーを移行に追加します。 移行プロジェクトにアイテムを追加するにはどうすればよいですか?
  • プロジェクトの詳細オプション (Advanced Options) を設定します。 利用可能なプロジェクトの詳細オプション (Advanced Options) にはどのようなものがありますか? このシナリオに対して推奨される詳細オプション (Advanced Options) には次のようなものがあります。
    • [通知 (Notifications)] > [正常に完了した移行と通知を次に送信: (Send successful migration and notification to:)]> [移行元メールアドレス (Source email address)] (ユーザーがまだ G Suite Gmail を使用している場合) または [移行先メールアドレス (Destination email address)] (ユーザーがすでに Office 365 を使用している場合) の順に進みます。
    • 通知メールをカスタマイズします。[「正常に移行完了」のメールをカスタマイズ (Customize "successful migration" email)] の枠にチェックマークを入れます。このメールにカスタマイズされた独自のテキストと会社名を追加します。
    • 注意: 通知は最終パスの前のみに設定する必要があります。1 回の完全なパスを実行する場合は、この時点で通知を設定します。前段階の移行を実行する場合は、通知を最終的な完全な (デルタ) パスの前のみに設定します。
    • サポート/サポート オプション (Support/Support Options) で、次を追加します。
    • 移行パスが完了した後、エンドユーザーに通知を送信するように詳細オプション (Advanced Option) を設定します。
  • [資格情報の確認 (Verify Credentials)] を実行します。 資格情報を確認するにはどうすればよいですか?
  • 移行が実行中であることをユーザーに通知します。すべてのユーザーに移行の時間と日付を通知するメールを送信します。この間、ユーザーは Google Drive アカウントのドキュメントを修正するべきではありません。これは移行に修正が反映されないためです。
  • 次のいずれかを使用して移行を実行します。
    • 完全な移行パスの手順:
      • ユーザーを選択し、上部のナビゲーションから [スタート (Start)] ボタンをクリックし、ドロップダウン リストから [完全な移行 (Full Migration)] > [移行開始 (Start Migration)] ボタンの順にクリックします。 移行を開始するにはどうすればよいですか?
    • 前段階の移行手順:
      • 前段階パス: ユーザーを選択し、上部の[スタート (Start)] ボタンをクリックし、[前段階移行 (Pre-Stage Migration)]を選択し 、移行スケジュール (Migration Scheduling) セクションのドロップダウン リストから [90 日前 (90 days ago)] を選択し、[移行開始 (Start Migration)] をクリックします。
      • 完全 (差分) パス: ユーザーを選択し、上部の[スタート (Start)]ボタンをクリックし、[完全な移行 (Full Migration)]を選択し、[移行開始 (Start Migration)] をクリックします。 移行を開始するにはどうすればよいですか?
    • 500 人未満のユーザーを含む中小規模の移行プロジェクトには、ビッグバン (Big Bang) の移行方法をお勧めします。これは 1 回の完全なパスによる移行です。
    • 500 人を超えるユーザーを含む大規模な移行プロジェクトには、前段階の移行方法をお勧めします。これは複数のパスによる移行で、最も一般的な移行戦略です。
  • 円グラフ アイコンをMigrationWiz ダッシュボードからクリックして、すべてのプロジェクト移行統計情報を含むメールが受信されます。 移行プロジェクトに関する統計を受信するにはどうすればよいですか?
  • 再試行エラーを実行します。失敗したアイテムを再試行するにはどうすればよいですか?
  • 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。製品へのサポートを受けるにはどうすればよいですか?
  • カットオーバー後

    1. ユーザーが不注意でログインし、自分の Google Drive のアカウントを使用しないように、Google Drive のユーザーアカウントを使用停止にするか、パスワードを変更します。
    2. 移行が完了したらユーザーに通知します。 注意: MigrationWiz 詳細オプション (Advanced Option) で通知を設定すると、ユーザーは、移行完了後にメールを受信します。ユーザーが OneDrive for Business にアクセスし、同期設定を設定できるように支援します。

     

     

    この記事は役に立ちましたか?
    5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています