サブスクリプションをユーザーに割り当てる

MSPComplete サブスクリプションは、顧客のユーザーにサービスまたはプロジェクトを実行する前に、割り当てる必要があります。選択したワークグループに対して管理者の役割またはマネージャーの役割を持っている場合は、顧客のユーザー ページで顧客のサブスクリプションをユーザーに一括して、またはユーザーごとに適用します。

詳細情報:  サブスクリプションの詳細については、「サブスクリプションとライセンスに関してよくある質問 (FAQ)」を参照してください。

以下の手順を完了して、サブスクリプションをユーザーに割り当てます。

  1. 左のナビゲーション ウィンドウで該当するワークグループを選択し、[すべての顧客 (All Customers)] をクリックします。
  2. サブスクリプションを割り当てる顧客をクリックします。
  3. [ユーザー (Users)] タブをクリックします。
  4. サブスクリプションを適用するユーザーの横にある省略記号 () をクリックします。
  5. [サブスクリプションの適用 (Apply Subscription)] をクリックします。

    注意:サブスクリプションを複数のユーザーに同時に適用するには、ユーザーのメール アドレスの左にあるボックスにチェックを入れ、右上の省略記号をクリックしてから、[サブスクリプションの適用 (Apply Subscription)] をクリックします。
  6. 表示されるフォーム内では、次のことができます。
    • サブスクリプションの詳細を入手する
    • このユーザーの現在のサブスクリプションの状態を表示する
    • サブスクリプションの購入手続きを開始する
    • 購入したサブスクリプションをこのユーザーに割り当てる
  7. 顧客に対して現在有効なサブスクリプションがあり、未割り当てのサブスクリプションが 1 つ以上存在する場合は、[確認 (Confirm)] をクリックします。

    重要: ワークグループが現在未割り当ての使用可能なサブスクリプションを持っていない場合は、[サブスクリプションの適用 (Apply Subscription)] をクリックすると表示されるフォームに従って、サブスクリプションの購入手続きに進みます。

新しく購読を開始したユーザーに対してサービスを実行する前に、サブスクリプションがシステム全体に伝搬するまでしばらくお待ちください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています