MSPComplete サブスクリプション プラン

BitTitan は、製品ライセンス モデルを最新の MSPComplete リリースで改訂いたします。この記事では、サブスクリプション プランのラインアップを説明します。

主な変更は 2 点あります。第一に、MSPComplete には今回 3 つのサブスクリプション プランがあり、そのいずれも機能性が格段に向上しています。第二に、サブスクリプション モデルがユーザー ベースからエージェント ベースに変更されました。下記に詳しい説明があります。

 

MSPComplete プラン

MSPComplete の 3 つのサブスクリプション プランは次の通りです:Get Organized、Get Optimized、および Get Automated があります。それぞれの階層は、その前の階層の特徴のすべてを内包しています。

 

Get Organized

Get Organized では、ビジネス プロセスの標準化を進め、知的財産を保護し、ビジネス コストとリソース割り当てを詳しく俯瞰することができます。Get Organized を使うことにより、ビジネス プロセスを個別のタスクに細分化してタスクに適したリソースに割り当てることができる BitTitan Runbooks を作成できます。Runbooks に関する詳細については、「Runbook、サービスおよびタスクの紹介」の記事を参照してください。

初回 3 件の Get Organized サブスクリプションは無料です。それ以上のエージェントを追加する場合、サブスクリプションを追加購入できます。

 

Get Optimized

Get Optimized には Get Organized の機能がすべて含まれており、MSPComplete のチームを活用してビジネス プロセスを特定の専門にフォーカスする複数グループに分割し、タスクが正しいエージェント、あるいは最も可用性が高いエージェントに常に割り当てられるようにすることで、効率を最大化することができます。これにより、リソースの利用方法を微調整し、チーム周辺のビジネス プロセスを構造化することができます。

 

Get Automated

Get Automated には Get Organized と Get Optimized の機能がすべて含まれているうえに、ワンクリック オートメーションが導入されます。オートメーションにより、反復的で単調なタスクを排除し、ビジネス プロセスを合理化し、サービス配信コストを抑え、さらに経営を効率的に拡大します。

ワンクリック オートメーションは PowerShell で有効化します。BitTitan SDK はダウンロードしてインストールしていただけます。これにより、MSPComplete と MigrationWiz オブジェクト (「エンティティ」) へのプログラム アクセスが可能となり、よく行うタスクを簡単に自動化することができます。オートメーションに関する詳細については、「オートメーション モデルの紹介」の記事を参照してください。

 

機能マトリックス

次に挙げるのは、各 MSPComplete オファリングで提供される機能を示すマトリクスです。現行のリリースでご利用になれない機能もございますので、ご了承ください。

機能

Get Organized

Get Optimized

Get Automated

Create Runbook

基本レポート

チーム

 

ワンクリック オートメーション

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています