Office 365 テナントからOffice 365 テナントへ、併用(Coexistence)を利用した移行のセットアップガイド

はじめに

併用(Coexistence)設定を利用して、Office 365テナントから別のOffice 365へ、移行元/移行先環境を併用利用しながら移行する事が可能です。 Office 365を移行する際、移行を始めてからカットオーバーまで長い時間を計画している場合、移行は複数回に分けて行われる事が通常です。このような長い移行シナリオの場合、移行中に移行元と移行先のユーザーが互いにシームレスにコミュニケーションするためには、移行元と移行先を併用利用する事が必要となります。この機能により、移行されたユーザーは、移行されていないユーザーの空き時間のステータスおよび連絡先の詳細を確認できます。  

注:移行はユーザーをグループに分けて段階的に実行できますが、すべてのユーザーは同一プロジェクト内に含まれている必要があります。プロジェクトがセットアップされた後は、ユーザーの追加または削除は移行元環境からのみ行えます。その後、MigrationWiz の 「 アイテムの再検出 (Rediscover Items)」ボタンを使用して変更内容を同期します。移行プロジェクトに対して、ユーザの追加、または削除を手動で行うことはできません。

重要:Office 365 テナントから別のOffice 365テナントへ、併用(Coexistence)設定を利用して移行する場合、サポートされている移行シナリオは、移行元と移行先でドメイン名が変更される場合のみです。  現時点では、同じドメイン名への移行時は併用(Coexistence)設定はご利用いただけません。

重要: 移行プロジェクトが完了するまで、移行先のユーザーアカウントに対し、Azure Active Directory Connect(ADFS、AADConnect、AADSync、ADSyncなど)を使用して操作を行う事はできません。

 

併用(Coexistence)設定を利用した、Office 365 テナントからOffice 365テナントへの移行をセットアップする

  1. MigrationWiz を起動し、メールボックスプロジェクトを作成します(Create a Mailbox Project) 。 
  2. 移行元エンドポイントと移行先エンドポイントを Office 365 に設定します。 
  3. 初めにプロジェクト作成する際、「テナントの併用設定を有効にする(Enable Tenant to Tenant Coexistence)」チェックボックスをONにします。Enable.png
  4. テナントからテナントへの併用オプションを設定します。
    • ドメインアドレスの設定: 移行元の独自プライマリドメインと移行先の独自プライマリドメインを入力します。  
      注:移行元ドメインは任意なので入力する必要はありません。これにより、移行元テナントのすべてのドメインに対し、併用設定が有効になります。
    • グローバル管理者資格情報の設定: 移行元エンドポイントと移行先エンドポイントの両方で、グローバル管理者アカウントが必要です。 
      重要:移行先テナントの管理者アカウントはMSOnlineへアクセスできる事が必要です。正しいアクセス権限を確保するため、.onmicrosoft.comドメインのアカウントを使用してください。
    • Office 365 ライセンスを選択: 移行先で使用する Office 365 ライセンスの種類を選択します。  このライセンスは、メールが有効な連絡先がメールボックスを持つユーザーアカウントに変換される際に適用されます。
    • 配布リストとグループを移行する: 移行の一部として含めるグループを選択します。  配布リストおよびグループに対する変更は、プロジェクト進行中に同期できます
  5. 保存して概要へ移動(Save and Go to Summary)」をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
9人中2人がこの記事が役に立ったと言っています