Microsoft TeamsからMicrosoft Teamsへの移行ガイド

 TeamsからTeamsへの移行は複雑であり、いくつかの前提条件を満たす必要があります。この移行を開始する前に、コラボレーション移行のベストプラクティスの記事をお読みください。

以下のステップに従って、移行の準備をしてください。ステップを完了すると、移行開始の準備が整います。

残念ながら、GoDaddyの接続制限により、本移行タイプは、移行元もしくは移行先がGoDaddyの場合、サポートされていません。

移行元の準備

  1. 移行に使用するグローバル管理者(Global Administrator)アカウントをOffice 365で作成するか、または、テナントのグローバル管理者(Global Administrator)アカウントを使用します。
  2. コラボレーション移行(Collaboration Migration)を開始する前に、移行元と移行先の両方の管理者アカウントで、ADFSと多要素認証(Multi-Factor Authentication)をオフにする必要があります。
  3. 移行元のチームに、所有者として管理者アカウントを追加します。権限の設定に時間がかかることもあるため、遅くとも移行テストの24時間前までに追加してください。
  4. 本記事の「アプリベースの認証を有効にする」の項目に記載のステップに従って、Office 365テナントでアプリベースの認証を設定します。

移行先の準備

  1. 移行に使用するグローバル管理者(Global Administrator)アカウントをOffice 365で作成するか、または、テナントのグローバル管理者(Global Administrator)アカウントを使用します。
  2. コラボレーション移行(Collaboration Migration)を開始する前に、移行元と移行先の両方の管理者アカウントで、ADFSと多要素認証(Multi-Factor Authentication)をオフにする必要があります。
  3. ユーザーアカウントを作成し、Office 365ライセンスを割り当てます。Office 365ライセンスには、Teamsへのアクセス権が含まれている必要があります。使用可能なライセンスの詳細は、Teams用のOffice 365ライセンスについて述べたMicrosoftのドキュメントを参照してください。無料またはKioskのライセンスはサポートされていません。
  4. 本記事の「アプリベースの認証を有効にする」の項目に記載のステップに従って、Office 365テナントでアプリベースの認証を設定します。
  5. Azure環境を準備します。
    注:Microsoft提供のAzureストレージを使用している場合は、本セクションの手順を省略することができます。
    1. Azureストレージのコストを見積もります。本ステップは任意ですが、顧客に事前にストレージのコストを提供する際に有用です。詳細は、移行のためのAzureストレージのコストを算出するを参照してください。
    2. Azureサブスクリプションを購入します。(または、無料の1か月の試用版を使用します。試用版では、移行できるデータが少量となりますので、ご注意ください。) 詳細は、Azureサブスクリプションを購入するには?を参照してください。
    3. Azureストレージアカウントを作成するには?を参照して、ストレージアカウントを作成します。Blob Storageではなく、「STORAGE(汎用v1またはv2)」アカウントを作成してください。ストレージアカウント名とプライマリアクセスキーを書き留めます。(Azure内のストレージ画面で、下部にある「アクセスキーの管理(Manage Access Keys)」をクリックします。) これらの情報は、MigrationWizの移行プロジェクトの移行先設定の際に必要となります。移行先のOffice 365テナントと同じMicrosoftデータセンターに、Azureストレージアカウントを作成することをお勧めします。移行のためにAzureコンテナーを作成する必要はありません。
      注:必要なアクセスキー情報は、次の通りです:
      1. -accesskey これは、Blobのストレージアカウント名です。(例:”accountname”)
      2. -secretkey これは、ストレージアカウントのアクセスキーです。(例:”W1RrDfkPNkfYfdVqizMNJjn5mXchwMP5uYBY8MsMqWTA7EubG911+4fZlki0Gag==”)

アプリベースの認証を有効にする

Office 365テナントで、アプリベースの認証を設定します。アプリベースの認証は、SharePoint、OneDrive for Business、Office 365グループ(ドキュメント(Documents))の移行、およびTeamsの移行で使用されます。この認証を有効にすると、セキュリティが強化され、Microsoftによるスロットリングが減少します。以前のOffice 365認証では、Microsoftによるスロットリングが発生する頻度が上がったため、この認証方法が実装されました。このアプリベースの認証は、移行環境がOffice 365テナントの場合の認証方法です。
重要: Microsoftのスロットリングポリシーの変更に伴い、スロットリングと移行の失敗を減らすには、このアプリケーションを .microsoftonline.com の両方のテナント(移行元と移行先)に追加する必要があります

このアプリケーションが両方のテナントに追加されていない場合、MigrationWizは、認証に使用する一時的な代替アプリケーションをテナントに作成します。これは、MigrationWizによる移行のための一時的な措置に過ぎないため、この代替アプリケーションを継続使用することはお勧めしません。移行の中断または失敗のリスクを回避するために、テナントにアプリケーションを追加することを強くお勧めします。

テナントにアプリケーションを追加する

ステップ1:

次のURLにアクセスして、管理者としてサインインします。

Teamsの移行の場合:https://login.microsoftonline.com/common/adminconsent?client_id=e541adb0-93aa-4053-a1e3-04692035881d&state=12345

SharePointまたはOneDriveの移行の場合:https://login.microsoftonline.com/common/adminconsent?client_id=e7c20566-14a7-4722-acd1-396f7268ea1a&state=12345

移行元と移行先の両方のテナントに対して、上記サインインを行ってください。

ステップ2:

移行元と移行先の両方のテナントに対して、アプリケーションを承認します。

承諾(Accept)」ボタンをクリックします。

これらの権限を削除するステップは、以下の「移行後の操作」の項目で説明します。  

移行を実行する

コラボレーション移行(Collaboration Migration)プロジェクトを作成する

  1. MigrationWizアカウントにサインインします。
  2. マイプロジェクトに移動(Go To My Projects)」をクリックします。
  3. プロジェクトを作成(Create Project)」をクリックします。
  4. コラボレーションプロジェクト(Collaboration Project)」を選択します。 コラボレーションプロジェクト(Collaboration Project)では、Microsoft Teamsを現在のテナントから別のテナントに移行します。コラボレーション移行(Collaboration Migration)では、すべてのチーム、チャネル、ファイル、および権限が移行されます。
  5. 次のステップ(Next Step)」をクリックします。
  6. プロジェクト(Project)名を入力し、「顧客(Customer)」を選択します。
  7. 次のステップ(Next Step)」をクリックします。
  8. エンドポイント(Endpoint)ドロップダウンメニューから、「移行元エンドポイント(Source Endpoint)」を選択します。エンドポイント(Endpoint)が作成されていない場合は、「新規(New)」をクリックし、必要な情報をエンドポイント(Endpoint)作成ポップアップウィンドウに入力します。
  9. エンドポイント(Endpoint)ドロップダウンメニューから、「移行先エンドポイント(Destination Endpoint)」を選択します。エンドポイント(Endpoint)が作成されていない場合は、「新規(New)」をクリックし、必要な情報をエンドポイント(Endpoint)作成ポップアップウィンドウに入力します。
    注:エンドポイントは、自動的にデフォルトで「Teams」タイプになります。これは正常であり、変更することはできません。
  10. 保存して概要に移動(Save and Go to Summary)」をクリックします。
  11. 評価の開始(Start Assessment)」をクリックして、コラボレーションプロジェクト(Collaboration Project)にアイテムを追加します。
    • このステップでは、移行を開始する前にエンドポイントに接続して、両方のテナントのすべてのチーム、チャネル、ユーザー、投稿、およびファイルを検出します。
    • 評価(Assessment)が完了すると、チーム数、合計ファイルサイズ、ユーザーの総数、必要なライセンスの数とタイプ、現在使用可能なライセンスの数などの情報が、MigrationWiz内に表示されます。
    • ゲストユーザー数は、評価(Assessment)実行時に算出されるユーザー数ならびに必要ライセンス数には含まれません。ゲストユーザーが参加している投稿も、移行されます。
    • 十分な数のライセンスがすでに購入され、評価(Assessment)で確認されている場合は、ステップ12と13を省略します。
  12. MigrationWizコラボレーションライセンス(Collaboration License)を購入します。ライセンスの総数は、完了した評価(Assessment)のページに表示されます。
  13. ライセンスを購入したら、ブラウザのページを更新して、評価(Assessment)の結果を再表示してください。
  14. 評価(Assessment)で「十分なライセンスがあります。移行を開始することができます。(You have sufficient licenses. You can start your migration.)」というメッセージが表示されたら、「完全移行の開始(Start Full Migration)」をクリックして、移行を開始することができます。
    注: 移行元から一部のチームのみを移行する場合は、CSVファイルを使用して、移行する特定のチームを選択することができます。 CSVファイルを使用した移行は、以下のステップに従ってください。

移行のカスタマイズオプション

以下のオプションは必須ではなく、一部の移行タイプにのみ適用されます。お客様の移行タイプに適用可能なオプションがある場合は、その項目をクリックして展開し、記載のステップに従ってください。ステップを実行したら、以下の「移行後の操作」の項目に進みます。

評価(Assessment)を実行した後、MigrationWizで生成されたCSVファイルを使用して、移行するチームを選択することができます。

この機能を使用するには、以下のステップに従ってください。

  1. 特定のチームを選択する必要がある、コラボレーションプロジェクト(Collaboration Project)を開きます。
  2. 評価(Assessment)がまだ完了していない場合は、評価(Assessment)を実行します。
  3. 評価(Assessment)が完了したら、「アクション(Actions)」ボタンをクリックして、「チームの選択(Select Teams)」をクリックします。
  4. ポップアップメニューから、「評価概要CSVファイル(Assessment Summary CSV File)」をクリックします。
  5. ファイルのダウンロードが完了したら、ファイルを開いて、「選択(する/しない)(Selection (true/false))」というタイトルが付いている最初の列のみを編集します。
    注:
    1. 「選択(Selection)」の列に「する(TRUE)」と記載されているすべてのチームが移行対象になります。チームを移行対象から除外するには、「する(TRUE)」を「しない(FALSE)」に変更します。空白のセルは、「しない(FALSE)」として扱われます。
    2. CSVファイルの他の情報は変更しないでください。他のフィールドを変更すると、チームの選択が失敗します。
  6. 編集したCSVファイルを保存します。
    注: ファイルは.csv形式のままとし、5MBを超えないようにしてください。
  7. ダウンロードの時と同じポップアップメニューで、新しいCSVファイルをプロジェクトにアップロードします。アップロードファイル選択フィールドは、ポップアップメニューの下部に表示されます。
  8. ファイルの選択(Select File)」をクリックします。
  9. PC内にある編集したCSVファイルを見つけて選択します。
  10. インポート(Import)」をクリックします。プロジェクトの評価(Assessment)の結果は、移行対象として現在選択されているチームのみを反映するよう更新されます。
  11. 準備ができたら、「移行を開始(Start Migration)」をクリックします。
  12. 移行が完了したら、移行先テナントで、指定したチームのみが移行されたことを確認します。

注:

  • CSVファイルをアップロードすると、「アクション(Actions)」メニューの下に新しいオプションが表示されます。
  • すべての選択を解除する(Clear All Selections) – このオプションは、編集したCSVファイルのリストを消去し、移行の設定をリセットして、デフォルトに戻します。つまり、すべてのチームが移行対象として選択されます。
  • 編集したCSVファイルをアップロードした後に、「すべての評価の実行(Run Full Assessment)」を選択した場合も、編集したCSVファイルのリストが消去され、移行の設定がリセットされて、すべてのチームが移行対象となるデフォルトに戻ります。
チーム名に絵文字などの特殊文字が含まれている場合、生成されたCSVファイルをExcelで開くことができない場合があります。以下のステップに従うと、CSVファイルをインポートすることができる場合があります。
  1. Excelを開きます。
  2. データ」→ 「外部データのインポート」→ 「データのインポート」で、データをインポートします。
  3. csv」のファイルタイプを選択し、ファイルを参照します。
  4. Excelのインポートウィザードで、元のファイルを「65001: Unicode (UTF-8)」に変更します(または、正しい言語のエンコーディングを選択します)。
  5. 区切り記号をカンマに変更します。
  6. インポート先を選択し、「閉じて読み込む」をクリックします。
    注: 上記のステップは、ほとんどのバージョンのExcelで機能しますが、一部のバージョンではCSVファイルを開くことができない場合もあります。
  7. 完全移行の開始(Start Full Migration)」をクリックします。
  8. 移行が完了したら、移行先テナントで、各ユーザーに対し、ユーザーが所属するチームとチャネルが表示されることを確認します。
  9. MigrationWizダッシュボードの「棒グラフアイコン」をクリックすると、プロジェクトの移行統計情報をメールで受信することができます。

移行元テナントのチームと同じ名前のチームが移行先テナントにすでに存在する場合、以下のステップに従うと、チームがマージされたり、移行エラーが発生したりすることを防ぐことができます。
注:この詳細オプション(Advanced Options)を使用して移行を実行すると、すべてのチームのアドレス名が変更されます。特定のチームのアドレス名のみを変更するには、フィルターを使用して、移行するチームを指定する必要があります。フィルター使用の詳細は、コラボレーション移行:フィルターの追加 を参照してください。

希望するチームアドレス名変更形式に応じて、以下に示すサポートオプションのいずれかを選択します。

チームアドレス名の前にテキストを追加する:

PrependRootFolderName="text"

チームアドレス名の後にテキストを追加する:

AppendRootFolderName="text"

注:

  • 「text」を、チームアドレス名の前後に追加したいテキストに置き換えます。
  • たとえば、PrependRootFolderName=“Migrated” を使用して、「Product」というアドレス名のチームを移行する場合、移行後のチームアドレス名は「MigratedProduct」になります。同様に、AppendRootFolderNameを使用すると、チームアドレス名が「ProductMigrated」に変更されます。
  • 移行後、グループ(チーム)名が移行先で異なって表示されることはありません。変更は、MailNickNameに対してのみ有効です。移行先に同じ名前のチームがすでに存在する場合、移行後、移行先には同じチーム名で違うチームアドレス名の2つのチームが存在する事になります。

推奨:プレフィックスまたはサフィックスを使用して、元のチャネルを識別することができるようにしておくと、移行完了後のグループ管理が容易になります。

米国政府のテナントとの間で移行を実行するには、すべてのMigrationWizプロジェクトで、接続のための特別なコマンドが必要になります。以下のオプションを使用せずに移行を実行すると、ログインエラーが発生します。
  1. プロジェクトの編集(Edit Project)」をクリックします。
  2. 詳細オプション(Advanced Options)」をクリックします。
  3. サポートオプション(Support Options)」で、特定の移行シナリオに応じて、以下のコマンドのいずれか1つまたは両方を追加します:
    1. 米国政府のテナントから移行する場合は、以下を追加します:
      OneDriveProExportEnvironment=AzureUSGovernment
    2. 米国政府のテナント移行する場合は、以下を追加します:
      OneDriveProImportEnvironment=AzureUSGovernment

注:

  • 投稿履歴(Conversation History)は、移行先のタブには移行されません。代わりに、投稿履歴(Conversation History)のHTMLファイルへのリンクを含むメッセージがチャネルに投稿されます。
  • Microsoftシステムの制限により、画像は投稿の一部として移行されません。画像は、投稿履歴(Conversation History)のHTMLファイルには引き続き表示されます。

移行後の操作

移行が完了したら、以下の手順に従い、MigrationWizのアプリケーション認証を削除します。

  1. PowerShellを起動します。
  2. PowerShellをOffice 365に接続します。
  3. 次のコマンドを入力します:Connect-AzureAD
  4. プロンプトに管理者資格情報を入力します。
  5. 次のコマンドを入力します:Get-AzureADServicePrincipal -SearchString Migration
  6. 削除するアプリケーションのオブジェクトIDを探し、次のコマンドを入力します。Remove-AzureADServicePrincipal -objectId <オブジェクトID>
この記事は役に立ちましたか?
11人中4人がこの記事が役に立ったと言っています