Office 365からG Suiteへの移行ガイド

はじめに

本記事は、Office 365からG Suiteへメールボックスを移行するための導入手順書です。

表記の順序に従い、各ステップを完了してください。

MigrationWizは、ワークグループをまたがって、移行プロジェクトを共有する機能をサポートしています。移行プロジェクトは、個々のアカウントに関連付けられるのではなく、ワークグループに関連付けられています。ワークグループ管理者がプロジェクト共有機能をオンにすると、非アクティブなエージェント以外のすべてのエージェントに、すべての移行プロジェクトが表示されます。 

 

移行元環境を準備する

  1. 移行に使用する管理者アカウントをOffice 365で作成するか、またはテナントのグローバル管理者アカウントを使用します。 
  2. ユーザーリストをCSVファイルにエクスポートします。このファイルはMigrationWizプロジェクトにユーザーを一括追加するときに使用できます。ユーザーリストをコピーして、MigrationWizプロジェクトダッシュボード内の 「追加(Add)」 >  「一括追加 (Bulk Add)]」の 「移行元メール (Source Email) 」 の列に貼り付けます。手順:Office 365管理ポータルから > ユーザー (Users) > アクティブユーザー (Active Users) > エクスポート (Export) > 続行します (Continue) 。

 

移行先環境を準備する

  1. G Suiteでユーザーを作成します。
  2. G Suiteに、MigrationWizからのOAuth 2.0のアクセスを許可します。

注: 複数のドメインから移行する場合は、ドメインごとに手順を繰り返し実施してください。

 

MigrationWizの手順

  1. メールボックス移行プロジェクトを作成します(Create a Mailbox Project)。 
  2. プロジェクトに移行するアカウント(「アイテム」とも呼称します)を追加します。 
  3. プロジェクトの詳細オプション(Advanced Options)を設定します。 
    • この移行シナリオでは、次のオプションが最も有用です。
      • 移行先で偽装(impersonation)を使用するように設定します。「移行元で偽装を使用する(Use Impersonation at Source)」チェックボックスにチェックを入れます。 
      • ​大規模な移行プロジェクトの場合、「パフォーマンス(Performance)」の枠内にある「最大同時移行数」(Maximum concurrent migrations)を250など、高い値に設定できます。
        注: 偽装(impersonation)を使用する場合、この値に制限はありません(クラウドからクラウドへの移行の場合)。
      • フォルダーマッピングを追加します。 「サポート/サポートオプション(Support/Support options)」に FolderMapping="^INBOX/->" を追加します。
        注:この設定により、移行先メールボックスにおいて、フォルダの階層がInbox/ラベル名のような階層ではなく、全てルートにマップされます。 
  1. 資格情報の検証(Verify Credentials)を実行します。 
  2. 移行が行われることをユーザーに通知します。すべてのユーザーにメールを送信し、移行の日時を知らせます。
  3. 前段階移行(Pre-Stage)サイクル:ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックし、「前段階移行(Pre-Stage Migration)」を選択します。「移行のスケジューリング」セクションのドロップダウンリストから、「90日前(90 Days Ago)」を選択し、「移行を開始」をクリックします。 
  4. MXレコードカットオーバー。DNSプロバイダーのポータルでMXレコードを切り替えます。また、AutoDiscover(CName)設定を含めます。
  5. エンドユーザーにメールを送信し、Outlookプロファイルの再構成に関してユーザ側にて操作があることを知らせます。
  6. 完全移行(デルタ)サイクル:ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックして、「完全移行(Full Migration)」を選択し、「移行を開始」をクリックします。 
  7. エラーの再試行(Retry Errors)を実行します。 
  8. ユーザーリストを確認し、赤い「移行に失敗しました」エラーをクリックします。表示された情報に従って操作してください。
  9. 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。 
  10. G SuiteでMicrosoft Outlookを使用する場合は、こちらの手順に従って、G Suite Sync for Outlookをダウンロードしてインストールし、G Suiteに接続するための新しいOutlookプロファイルを作成する必要があります。
  11. MigrationWizダッシュボードの「円グラフアイコン」をクリックすると、プロジェクトから全ての移行統計情報をメールで受信できます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています