MigrationWizのライセンスおよびライセンス付与

BitTitanでは、様々なタイプの移行ライセンスを提供しています。本記事では、ライセンスに関するよくある質問への回答と、移行に適したライセンスの選択方法について説明します。移行プロジェクトはいつでも設定でき、ライセンスは移行の実行時にいつでも購入することができます。請求書はライセンスタイプごとに作成されるため、各移行プロジェクトの履歴追跡と請求書作成が簡単にできるようになっています。

ライセンスの有効期限

ライセンスは、購入から1年間有効です。

ライセンスを購入する

MigrationWizで移行プロジェクトを実行するには、ライセンスが必要です。ライセンスの価格を確認、または購入するには、MSPCompleteまたはMigrationWizダッシュボードの上部にある「購入(Purchase)」ボタンをクリックします。

ライセンスの購入方法

  1. BitTitanアカウントにサインインします。
  2. 上部のナビゲーションバーで、「購入(Purchase)」をクリックします。
  3. 必要なライセンスタイプの「選択(Select)」ボタンをクリックします。
  4. 購入するライセンスの数を入力します。「今すぐ購入(Buy Now)」をクリックします。
  5. 必要に応じて、「請求先住所(Billing Address)」を入力します。
  6. 次へ(Next)」をクリックします。
  7. 注文内容(Order Summary)」を確認し、「支払い方法(Payment Method)」を入力します。
  8. 購入する(Place Your Order)」をクリックします。

​支払いが受領されると、ライセンスが発行されます。

  • クレジットカードで購入する場合、決済後すぐにライセンスが使用可能になります。
  • 電信送金(100ライセンス以上)による購入の場合は、支払いが受領され、承認された後に、ライセンスが使用可能になります。
  • 注文書は、処理コストが発生するため、受け付けていません。

どちらの場合も、支払いが承認されたことがメールで通知された時点で、ライセンスがログインアカウントで使用可能になります。

購入処理時間

  • クレジットカードによる支払い - 
  • 電信送金による支払い - 24時間以内
  • ACH送金による支払い(米国のみ) - 3~4営業日以内

銀行に電話で送金をリクエストした場合、すぐに処理されないことがあります。ほとんどの銀行が、リクエストをキューに入れて、1日に1回のみ処理を行います。

ライセンスをタイムリーに受け取れなかった場合は、金融機関に電話をして、電子決済が処理されたかどうかを尋ねることをお勧めします。

支払い

クレジットカードの他、特定の条件を満たしている場合は、電信送金での支払いも可能です。 

クレジットカードで購入する場合、支払い手続きは即座に行われます。ライセンスは即座にログインアカウントに付与されます。

100以上のライセンスを購入する場合は、電信送金を利用することができます。100以上のライセンスを購入すると、決済時に電信送金を利用するオプションが表示されます。電信送金で購入する場合、購買部および銀行で必要となる、電信送金の詳細情報が記された請求書が生成されます。システムによる支払い確認が完了すると、ライセンスが即座にログインアカウントに付与されます。 

クーポンの利用方法

  1. MigrationWizにログインします。
  2. 正しいワークグループが選択されていることを確認します。
  3. 右上のアカウント名をクリックします。
  4. クーポンを利用(Redeem Coupon)」を選択します。
  5. クーポンコードを入力します。
  6. 適用(Apply)」を選択します。
  7. クーポンの利用が可能になります。

ライセンスを表示する

  1. 右上のアカウント名をクリックします。
  2. ライセンス(Licenses)」を選択します。

ライセンスの消費

移行の実行時、有効期限が最も近いライセンスが最初に選択されます。これは、メールボックスライセンスやパブリックフォルダーライセンスなどのライセンスタイプごとに適用され、選択されたライセンスは、移行の開始時に消費されます。

すべてのMigrationWizライセンスの有効期限は、購入後12か月です。

ライセンスタイプ

移行元のアイテムタイプに基づいて、必要なライセンスを判断してください。 MigrationWizでは、移行元のアイテムタイプに応じて、様々なタイプのライセンスを使用します。各ライセンスタイプの概要は、以下の通りです。

メールボックスライセンス(Mailbox License)とユーザー移行バンドルライセンス(User Migration Bundle License)

ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスは、MigrationWizで最も一般的に使用されるライセンスです。このライセンスは、ユーザーごとに適用する必要があり、各ユーザーのメールボックス、アーカイブ、およびドキュメントを移行することができます。UMBライセンスを使用すると、ユーザーは、DeploymentProを使用してOutlookプロファイルを構成することができます。

メールボックスライセンスは、メールボックスのみを移行する場合に使用されるライセンスで、通常はメールボックス移行にのみ適用されます。このライセンスは、ユーザーには直接適用されず、MigrationWizによって自動的に消費されます。

ユーザー移行バンドルライセンス(User Migration Bundle License)

ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを使用すると、各ユーザーアカウントのデータを無制限に移行することができます。 

このライセンスタイプは、ユーザーごとに適用する必要があり、各ユーザーのアカウントとデータを移行します。UMBライセンスは、移行するユーザーごとに1ライセンスが消費され、1つのライセンスを複数のユーザーに適用することはできません。 

移行できるアイテム

  • メールボックス
  • ドキュメント
  • 個人用アーカイブ
  • Teamsのプライベートチャット(1対1のチャット、グループチャット、会議中のチャットを含む)

その他の機能

  • 移行後のOutlookプロファイルの構成をサポート
  • Microsoft 365テナント間の併用設定をサポート

メールボックスライセンス(Mailbox License)

メールボックスライセンスは、個々のメールボックスを移行するためのライセンスで、1ライセンスあたり最大50GBのデータを移行することができます。 

移行できるアイテム

  • メール
  • 連絡先
  • 予定表
  • ジャーナル
  • メモ
  • タスク
  • Teamsのプライベートチャット(1対1のチャット、グループチャット、会議中のチャット)
  • ルール(該当する場合)

このライセンスでは、DeploymentProなどのダウンロードされたBitTitanソフトウェアの使用は、サポートされていません。 

パブリックフォルダーライセンス(Public Folder License)

パブリックフォルダーライセンスは、Exchange/Exchange Onlineのパブリックフォルダーの移行でのみ使用します。このライセンスでは、移行元のExchange環境ごとに、1ライセンスあたり最大10GBのデータを移行することができます。

移行できるアイテム

  • メール
  • 連絡先
  • 予定表
  • タスク

このライセンスでは、DeploymentProなどのダウンロードされたBitTitanソフトウェアの使用は、サポートされていません。 

コラボレーションライセンス(Collaboration License)

Teams移行用のコラボレーションライセンスは、Microsoft Teamsの移行にのみ使用され、1ライセンスあたり最大100GBのデータを移行することができます。このライセンスタイプは、ログインアカウントが適切な数のライセンスを所有している場合、自動的に適用されます。 

1チームあたり100GBを超えるデータを移行する場合は、移行するデータ量に応じて、十分な数のライセンスを購入してください。たとえば、6つのチームがあり、そのうちの2つのチームにそれぞれ200GBのデータがある場合、8つのライセンスを購入する必要があります。

移行できるアイテム

  • チーム
  • チャネル
  • 投稿
  • ファイル
  • 権限

このライセンスでは、DeploymentProなどのダウンロードされたBitTitanソフトウェアの使用は、サポートされていません。 

ハイブリッドExchange管理ライセンス(Hybrid Exchange Management License)

ハイブリッドExchange管理ライセンスは、オンプレミスのExchange ServerとExchange Onlineサービスが共存する、Microsoft 365などのハイブリッドExchange環境で移行を実行する際に使用します。この移行タイプでは、移行できるデータ量の上限は、顧客が購入したMicrosoft 365ライセンスによって異なります。 

ハイブリッドExchange管理ライセンスには、移行プロジェクトの完了を支援するソフトウェアエージェントを、1つまたは複数ダウンロードして使用できるオプションが含まれています。エージェントを使用しない場合は、自動スマートバッチ処理の機能を使用することはできません。また、ソフトウェアエージェントを使用しない場合は、移行するメールボックスの構成情報をCSVファイル経由でシステムにインポートする必要があります。このライセンスの使用にあたり、お客様は、ソフトウェアエージェントの使用に起因するシステムへのいかなる損害についても、BitTitanが責任を負わないことを認識し、同意するものとします。

共有ドキュメントライセンス(Shared Document License)

共有ドキュメントライセンスは、SharePointやGoogle共有ドライブを含む、すべてのドキュメント移行プロジェクトに適用されます。このライセンスタイプでは、購入したライセンスのサイズに応じて、1ライセンスあたり最大50GBまたは100GBのデータを移行します。 

移行できるアイテム

  • ドキュメント

  • フォルダー

  • 権限

  • バージョン

このライセンスでは、DeploymentProなどのダウンロードされたBitTitanソフトウェアの使用は、サポートされていません。

G Suiteメールボックスおよびドキュメントライセンス(G Suite Mailbox and Documents License)

G Suiteメールボックスおよびドキュメントライセンスは、Googleメールボックスライセンス1つとGoogleドキュメントライセンス1つをセットにしたバンドルライセンスで、移行先がG Suite(GmailとGoogleドライブ)の場合の移行にのみ適用されます。このライセンスでは、1ライセンスあたり最大30GBのメールボックスと、最大30GBのドキュメントを移行することができます。 

移行できるアイテム

  • メール
  • 連絡先
  • 予定表
  • ドキュメント

テナント移行バンドルライセンス(Tenant Migration Bundle License)

テナント移行バンドルライセンスは、Microsoft 365テナント間での移行に特化したバンドルライセンスです。1つのバンドルライセンスに、次のライセンスが含まれています。

  • 1つのユーザー移行バンドルライセンス(User Migration Bundle License)
  • 1つのフレックスコラボレーションライセンス(Flex Collaboration License : Teams または SharePointコンテンツ用)

重要:ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスは、1人のユーザーのメールボックスとOneDriveデータを無制限に移行します。フレックスコラボレーションライセンス(FCL)は、チームまたはドキュメントライブラリごとに適用され、1ライセンスあたり最大100GBのTeamsまたはSharePointデータを移行することができます。 

このバンドルライセンスは、Microsoft 365テナント間の移行または統合に特化したライセンスで、ほとんどのMicrosoft 365ワークロードを移行することができます。このライセンスには、Microsoft TeamsからTeamsへの移行、またはMicrosoft SharePoint OnlineからSharePoint Onlineへの移行が含まれています。

このライセンスは、当社のセールスチームおよびグローバルディストリビューションパートナーを通じて、直接販売されます。価格や導入方法については、各販売元にお問い合わせください。

ライセンス要件

ユーザー移行バンドルライセンス(User Migration Bundle License):ユーザーごとに1ライセンス

フレックスコラボレーションライセンス(Flex Collaboration License):チームまたはドキュメントライブラリごとに1ライセンス。購入したバンドルライセンスに十分なフレックスコラボレーションライセンスがない場合は、追加のコラボレーションライセンスまたは共有ドキュメントライセンスが必要になります。コラボレーションライセンスおよび共有ドキュメントライセンスは、BitTitanのライセンス購入サイトから購入することができます。

このライセンスでは、次のコンテンツを移行することができます。

  • グループ
  • Exchange
  • OneDrive for Business
  • SharePoint Online
  • チーム

重要: フレックスコラボレーションライセンス(FCL)は、SharePointまたはTeamsのデータの移行に使用します。 

移行されないアイテム

  • パブリックフォルダー

ライセンスを使用する

MigrationWizでは、移行の実行時に、購入済みのサブスクリプションまたはライセンスの機能の検証が行われます。追加のサブスクリプションまたはライセンスが必要な場合、具体的なアイテム名と購入手順がプラットフォーム上に表示されます。

移行が成功しない限り、ライセンスが消費されることはありません。メールボックスが正常に移行されなかった場合、ライセンスは消費されません。移行中に一時的にライセンスが消費される場合がありますが、移行が失敗または停止すると、自動的に復元されます。

ライセンスは、特定のプロジェクトに固定されるのではなく、特定の移行タイプに紐づけられます。同じ移行タイプであれば、他のプロジェクトでも使用可能です。

移行の開始時に、ライセンスが使用されるかどうかが明確に示されます。また、すべてのライセンスの使用状況が、セキュリティログに記録されます。ご質問がある場合は、サポートにお問い合わせください。ライセンスの使用状況ログを確認し、情報を送信いたします。

「トライアル移行(Trial Migration)」を実行した場合も、メールボックスライセンスを使用して移行を行った場合も、エラーが発生した時は、「エラーの再試行(Retry Errors)」移行サイクルを無料で実行することができます。「エラーの再試行(Retry Errors)」は、移行エラーの修復のみを行う移行サイクルであり、直前回の移行の後に追加されたアイテムを移行することはできません。

メールボックスライセンスを使用して「前段階移行(Pre-Stage Migration)」を実行した後に、「完全移行(Full Migration)」(差分移行とも呼ばれます)を実行する場合は、追加料金はかかりません。メールボックス移行プロジェクトでは、最大10サイクル(成功時のみカウント)、または最大50GBのデータを移行することができます。

移行サイクルの成功後にラインアイテムを削除し、同じ内容(たとえば、同じメールアドレスなど)の新しいラインアイテムを再追加した場合は、移行を実行するプロジェクトが同じでも、追加のライセンスが消費されます。

異なるプロジェクト間で同じライセンスを使用するには、ラインアイテムを再追加するのではなく、移動する必要があります。

管理者およびマネージャーは、顧客のユーザーのメールボックス、ドキュメント、および個人用アーカイブの移行を実行する前に、ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを各ユーザーに手動で適用する必要があります。

他のライセンスタイプ(メールボックスライセンスとパブリックフォルダーライセンス)は、自動で適用されます 。移行プロセスが開始されると、システムが必要に応じてライセンスを自動で適用します。 

ライセンスを適用する

重要: ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンス、テナント移行バンドルライセンス、またはメールボックスライセンスが、各ラインアイテムまたはユーザーに適用されている場合、それらのライセンスは、移行の実行時にすぐに消費され、変更や再使用はできなくなります。 

MSPCompleteでユーザー移行バンドル(User Migration Bundle)ライセンスを適用する

  1. https://manage.bittitan.comで、MSPCompleteにサインインします。
    • 「メール」フィールドの上にある「MSPComplete」ボタンをクリックして、サインインしてください。
  2. 左のナビゲーションウィンドウの上部で、ワークグループを選択します。ここで選択するのは、顧客および移行プロジェクトを作成したワークグループです。対象のプロジェクトが、現在使用中のログインアカウントで作成したものではない場合は、ログインアカウントをワークグループに紐づける必要があります。
  3. 左のナビゲーションウィンドウで、「顧客(Customers)」をクリックします。
  4. ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスライセンスを適用するユーザーを含む顧客をクリックします。
  5. ページ上部の「ユーザー(Users)」タブをクリックします。
  6. ライセンスを適用するユーザーの、メールアドレスの左にあるチェックボックスをオンにします。
  7. ページ上部の「ユーザー移行バンドルライセンスを適用する(Apply User Migration Bundle License)」ボタンをクリックします。 顧客ページにユーザーを追加する時は、独自ドメインを使用することをお勧めします。「.onmicrosoft」ドメインを移行に使用する場合は、ユーザー名の表示を「.onmicrosoft」ドメインに変更する前に、ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを適用します。
  8. 選択したユーザーの中に、UMBライセンスを割り当てられていないユーザーが1人でもいる場合は、「確認(Confirm)」をクリックします。
    重要: 割り当て可能なUMBライセンスが不足している場合、ワークグループのマネージャー以上の役割のアカウントに対し、必要な情報がすべて記載されたフォームが表示され、手順に従ってUMBライセンスを購入することができるようになっています。

適用されているユーザー移行バンドル(User Migration Bundle)ライセンスを削除する 

  1. https://manage.bittitan.comで、MSPCompleteにサインインします。
    • 「メール」フィールドの上にある「MSPComplete」ボタンをクリックして、サインインしてください。
  2. 左のナビゲーションウィンドウの上部で、ワークグループを選択します。 ここで選択するのは、顧客および移行プロジェクトを作成したワークグループです。対象のプロジェクトが、現在使用中のログインアカウントで作成したものではない場合は、ログインアカウントをワークグループに紐づける必要があります。
  3. 左のナビゲーションウィンドウで、「顧客(Customers)」をクリックします。
  4. ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを削除するユーザーを含む顧客をクリックします。
  5. ページ上部の「ユーザー(Users)」タブをクリックします。
  6. UMBライセンスを削除する必要があるユーザーごとに、右端の省略記号をクリックします。
  7. ドロップダウンメニューから、「バンドルを削除(Remove Bundle)」をクリックします。
    重要:ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスは、移行アクションが実行されておらず、かつライセンスがユーザーに適用されてから24時間以内に削除処理が行われた場合にのみ、削除することができます。移行対象ではないユーザーに対して、「資格情報の検証(Verify Credentials)」や「トライアル移行(Trial Migration)」を実行した場合は、サポートにお問い合わせください。「前段階移行(Pre-Stage Migration)」または「完全移行(Full Migration)」サイクルの実行により、すでにデータが移行されているユーザーについては、ライセンスを削除することはできません。
    UMBライセンスの削除について、サポートにお問い合わせの際は、MigrationWizプロジェクトからユーザーを削除しないでください。移行されたデータがないことを確認する必要があります。

MigrationWizでユーザー移行バンドル(User Migration Bundle)ライセンスを適用する

  1. https://migrationwiz.bittitan.comで、MigrationWizにサインインします。
    • 「メール」フィールドの上にある「MigrationWiz」ボタンをクリックしてサインインするか、MSPCompleteページにサインインしてから、「すべての製品」ボタンをクリックして、「MigrationWiz」を選択します。
  2. 左のナビゲーションウィンドウの上部で、ワークグループを選択します。ここで選択するのは、顧客および移行プロジェクトを作成したワークグループです。対象のプロジェクトが、現在使用中のログインアカウントで作成したものではない場合は、ログインアカウントをワークグループに紐づけ、プロジェクトの共有を有効にする必要があります。 
  3. ライセンスを適用するプロジェクトをクリックします。
  4. ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを適用するユーザーの、メールアドレスの左にあるチェックボックスをオンにします。
  5. プロジェクトページの上部にある「移行アクション」ボタン(3本ラインのアイコン)をクリックします。
  6. ユーザー移行バンドルライセンスを適用する(Apply User Migration Bundle Licenses)」をクリックします。

適用されているユーザー移行バンドル(User Migration Bundle)ライセンスを削除する方法 (例:移行しないユーザーなど)

  1. https://migrationwiz.bittitan.comで、MigrationWizにサインインします。
    • 「メール」フィールドの上にある「MigrationWiz」ボタンをクリックしてサインインするか、MSPCompleteページにサインインしてから、「すべての製品」ボタンをクリックして、「MigrationWiz」を選択します。
  2. 左のナビゲーションウィンドウの上部で、ワークグループを選択します。ここで選択するのは、顧客および移行プロジェクトを作成したワークグループです。対象のプロジェクトが、現在使用中のログインアカウントで作成したものではない場合は、ログインアカウントをワークグループに紐づけ、プロジェクトの共有を有効にする必要があります。 
  3. ライセンスを削除するプロジェクトをクリックします。
  4. ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを削除するユーザーの、メールアドレスの左にあるチェックボックスをオンにします。
  5. プロジェクトページの上部にある「移行アクション」ボタン(3本ラインのアイコン)をクリックします。
  6. ライセンスを削除(Remove Licenses)」をクリックします。
    重要: ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスは、移行アクションが実行されておらず、かつライセンスがユーザーに適用されてから24時間以内に削除処理が行われた場合にのみ、削除することができます。移行対象ではないユーザーに対して、「資格情報の検証(Verify Credentials)」や「トライアル移行(Trial Migration)」を実行した場合は、サポートにお問い合わせください。「前段階移行(Pre-Stage Migration)」または「完全移行(Full Migration)」サイクルの実行により、すでにデータが移行されているユーザーについては、ライセンスを削除することはできません。

新たにライセンスを適用したユーザーについては、システムによるライセンス適用処理が完了するまでは、移行を実行しないでください。ライセンスの適用処理には、数分かかる場合があります。

ライセンスに関するよくある質問

ライセンスが自動的に削除されるのを防ぐには、どうすればよいですか?

デフォルトでは、非アクティブな状態が6か月続くと、プロジェクトは削除されます。プロジェクトで「前段階移行(Pre-Stage Migration)」または「完全移行(Full Migration)」が成功した履歴があれば、ライセンスは消費されたと見なされます。デフォルトの非アクティブ期間を変更するには、次の手順に従ってください。

プロジェクトの自動削除期間を変更する方法

  1. MigrationWizアカウントにサインインします
  2. プロジェクトダッシュボードが表示されない場合は、「プロジェクト(Projects​)タブをクリックします。
  3. 一覧から、該当するプロジェクト名をクリックします。 
  4. プロジェクトの編集」をクリックします。
  5. 詳細オプション(Advanced Options)」をクリックします。
  6. 「メンテナンス」タブで、未使用のプロジェクトが自動的に削除されるまでの日数(Number of days before this project, if unused, will be automatically deleted)」の値を変更します。
  7. 保存(Save)」をクリックします。

ライセンスカテゴリは、変更することができますか?

ライセンスカテゴリは、移行の開始前に選択します。移行が開始されると、ライセンスは消費され、変更できなくなります。

プロジェクトを削除すると、使用済みのライセンスはアカウントに復元されますか?

​いいえ。「前段階移行(Pre-Stage Migration)」または「完全移行(Full Migration)」サイクルを実行済みの移行プロジェクトを削除すると、関連するライセンスも削除されます。この処理は元に戻すことができないため、移行を再実行する場合は、プロジェクトの再作成と追加のライセンスが必要となります。

ユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスは、移行するユーザーに直接適用され、プロジェクトには紐づいていないため、上記ルールの適用外となります。したがって、プロジェクトが削除されても、ライセンスはユーザーに割り当てられたまま残り、失われることはありません。問題が発生した場合は、プロジェクトを削除する前に、サポートにお問い合わせください。

前回の移行が失敗したため、再実行したい。

移行に失敗した場合、ライセンスは消費されません。移行が失敗した(または停止した)場合、使用したライセンスは、ログインアカウントに自動的に復元されます。移行を再実行する時は、復元されたライセンスが消費されます。 

前回の移行は成功したが、再実行したい。​

メールボックスライセンスを使用している場合は、再実行時に新しいライセンスが消費されることはありません。これは、メールボックスライセンスでは、1メールボックスあたり最大10サイクル(成功時のみカウント)の移行が可能となっているためです。

2つの異なるタイプのライセンスを使用して移行を実行するには、どうすればいいですか?

​​​単一のメールボックス移行プロジェクトで、一部のユーザーにユーザー移行バンドル(UMB)ライセンスを適用し、他のユーザーにメールボックスライセンスを使用する場合、これらの異なるライセンスタイプを両方とも使用して移行を実行することができます。  移行の開始時に、各ライセンスによって移行されるユーザーの数が、移行概要に表示されます。  このシナリオでは、UMBライセンスが適用されていないユーザーには、1つのメールボックスライセンスが適用されます。

SharePointの移行など、使用可能なライセンスが2種類ある場合(50GB用と100GB用)、同じプロジェクト内で両方のライセンスを使用することができますが、各移行の開始時に、どちらか1つを選択する必要があります。  たとえば、1つのライセンスを使用して一部のアイテムを移行した後に、残りのアイテムを選択して、もう1つのライセンスで別の移行を実行する必要があります。

右上のアカウント名クリックして、「ライセンス(Licenses)」を選択すると、所有しているライセンスタイプが表示されます。  ライセンスがラインアイテムによって消費された後も、そのライセンスに移行可能なデータ量が残っている場合、後続の移行サイクルでは、0ライセンスを使用中と表示されることがあります。  UMBライセンスが適用されているラインアイテムでは、UMBライセンスを使用中であることが常に表示されます。

UMBライセンスを購入すると、さまざまなタイプの移行を複数回実行することができます。たとえば、メールボックス移行を実行した後に、追加のライセンスを購入することなく、ドキュメント移行を実行することができます。

1つのライセンスでいくつのメールボックスを移行することができますか?

ライセンス1つにつき、1つのメールボックスを1つの移行先に移行することができます。メールボックスライセンスでは、1メールボックスあたり最大50GBのデータ移行が可能で、最大10サイクルの移行を実行することができます。

メールボックスライセンスの特徴について、以下にいくつかの例を挙げて説明します。

  • 1つのライセンスで、5GBのメールボックス10個を移行することはできません。 
  • 各移行サイクルで、別々のメールボックスを移行することはできません。
  • 各移行サイクルは、同じメールボックスに対して実行する必要があります。
  • データ量がライセンスの上限に達すると、移行は停止します。移行を続行するには、追加のライセンスを購入する必要があります。購入後、アイテムの移行が再実行できるようになります。移行は、中断したところから再開されます。

1つのアイテムに複数のライセンスを適用する

移行に使用する各ライセンスには、サイズ制限があります。MigrationWizダッシュボードのラインアイテムごとに、個別のライセンスが必要です。

  • 移行先がMicrosoft OneDrive for Businessの場合、ライセンスはユーザーごとに消費されます。 

データ量が上限に達すると、追加のライセンスが必要になります。

MigrationWizでは、デフォルトでは、(メールボックス、アーカイブなどの)アイテムごとにライセンスが1つのみ消費されます。データ量が上限に達すると、移行は停止します。移行を再開するには、追加のライセンスが必要になります。

プロジェクト内のアイテムに複数のライセンスを適用するには、次の手順に従ってください。

  1. MigrationWizにサインインします
  2. 該当するプロジェクトを開きます。
  3. プロジェクトの編集」をクリックし、詳細オプション(Advanced Options)」を選択します。
  4. ライセンス」をクリックし、「ラインアイテムごとに消費されるライセンスの最大数(Maximum number of licenses to consume per item)」を入力します。
  5. 保存(Save)」をクリックします。

移行プロジェクト内のアイテムに、複数のライセンスを使用する権限が付与されます。データ量が上限を超え、複数のライセンスが消費される場合に備え、予備のライセンスを購入しておいてください。

上記の最大ライセンス数は、プロジェクト内の各アイテムに適用されます。つまり、2つのアイテムの移行を実行すると、それらのアイテムの両方について、追加のライセンスが自動的に使用できるようになります。

消費される最大ライセンス数の設定を「2」などに増やした場合でも、50GB未満のメールボックスを移行する場合は、消費されるライセンスは1つのみです。

上記のすべてのライセンスタイプでは、アイテムごとに最大10サイクルの移行を実行することができます。たとえば、メールボックス移行で、あるユーザーの合計サイズ32GBのメールボックスを移行する場合、「前段階移行(Pre-Stage Migration)」の実行後に2回の差分サイクルを実行しても、消費されるライセンスはメールボックスライセンス1つのみです。最大ライセンス数を「2」に設定して、50GBを超えるメールボックスを移行すると、移行済みデータが50GBに達した時に、2つ目のライセンスが消費されます。

一般的なシナリオは、次の通りです。

  • PSTファイルの移行で、サイズの小さい複数のPSTファイルを同じ移行先メールボックスに移行する場合。
  • メールボックス移行で、移行元の複数のメールボックスを同じ移行先メールボックスに移行する場合。移行元の各メールボックスに同じアイテムが存在する場合、移行先メールボックスでは、アイテムの重複が発生します。
この記事は役に立ちましたか?
9人中2人がこの記事が役に立ったと言っています