移行されるアイテム

MigrationWizは、コンテンツ移行ソリューションです。当社のサービスは、次のいずれも実行しません。

  • Outlookプロファイルの作成
  • クライアント側の設定の移行。
  • アカウントのプロビジョニング。
  • Active Directory関連のオブジェクトの作成または同期。
  • .NK2ファイルの移行。
  • 以前に実行した移行サイクルで移行されたアイテムの更新、削除、または移動の追跡。 MigrationWizには(同期エージェントのように)「ライブ」での変更のモニタリング機能はなく、ユーザーの操作なしに競合解決などを処理することはできません。
  • システムのバージョン履歴の移行

 

パブリックフォルダー

注: パブリックフォルダーは、他のパブリックフォルダーまたは共有メールボックスにのみ移行できます。パブリックフォルダーを個々のユーザーのメールボックスに移行したり、その逆を行ったりすることはありません。

Exchange 2003

サポートされていません

Exchange 2007

移行できるアイテム

  • パブリックフォルダー
  • サブフォルダー

Exchange 2010 SP1以降

移行できるアイテム

  • パブリックフォルダー
  • サブフォルダー
  • ユーザー権限

Office 365

  • パブリックフォルダー
  • サブフォルダー
  • ユーザー権限

メールボックス

これは包括的なリストではありません。

移行されるメールのプロパティ

  • 日付/時刻、件名、本文、重要度、秘密度(レベル)、サイズ、アイテムのクラス、フォローアップフラグ。
  • カレンダーの色カテゴリデフォルトの色は、移行中も維持されます。ただし、移行元で追加の色カテゴリが定義された場合、移行先でサポートされているカテゴリ以外は移行されません。代わりに、移行先でデフォルトのカレンダーの色に変換されます。たとえば、GoogleはOffice 365よりも多くのカレンダーの色をサポートしています。Googleのカレンダーの色は、Office 365のデフォルトの6色(青、オレンジ、緑、紫、赤、黄)のどれでもない場合、Office 365のデフォルトの色(明るい赤)に変換されます。

以下のアイテムは、メールボックスの移行では移行されません

 

  • メールフォルダー内のカレンダーの返信など、フォルダーの種類と一致しないアイテム
  • コアシステムタイプを継承しないカスタムアイテム

  • 例:電子メール、カレンダー、連絡先、ジャーナル、メール、メモ、タスクではないアイテム
  • InfoPathフォーム
  • 招待、キャンセルなどのカレンダー通知
  • カレンダー権限
    注:
  • Exchangeからの移行時、移行を送信する前に移行元のカレンダー権限を持つアカウントのUPNプレフィックスと一致するアカウントが移行先に存在する場合、リソースカレンダー以外のカレンダー権限が移行されます。リソースカレンダーの権限は移行されません。
  • Exchangeからの移行時、移行を送信する前に移行元のカレンダー権限を持つアカウントのUPNプレフィックスと一致するアカウントが移行先に存在しない場合、カレンダー権限は移行されません。
  • 定期的な会議の例外で、修正された説明文と出席者リストは移行されません(ただし、定期的な会議の例外は移行されます)。詳細については、「定期的なカレンダー会議の例外とは何ですか?移行されますか?」を参照してください。
  • メモなど、一連の定期的なイベント内の個々のイベントのカスタマイズは、一部の個々のイベントで更新されます。
  • 連絡先アイテムのユーザー定義/カスタムフィールド
  • 会議参加者の承認ステータス(承諾、辞退、仮承諾)
    注:Exchange 2003が移行元の場合:BCCの受信者および予定のリソース出席者。
  • 個人用配布リスト。Office 365では「連絡先グループ」と呼ばれています。
  • サーバーベースの配布リスト
  • 動的配布リスト。
    注:詳細については、「動的配布リストとは何ですか?それらは移行されますか?」を参照してください。
  • 配信不能レポート/受領書(NDR)または配信ステータス通知(DSN)などのバウンス通知
  • RSSフィード
  • メールボックス設定、共有設定、エイリアス、代理人、デフォルトのフォントなどのクライアント設定
  • メールボックスルールとフォルダーのアクセス許可の設定。これらは、Exchange Server 2010 SP1以降でのみサポートしています。
  • パーソナルメッセージングリソース管理(MRM)タグ。
  • Outlookのクイックステップ
  • クライアント側のルールは移行されません。 クライアントのみのルールは、ルールを作成したユーザーがルールの作成に使用したのと同じプロファイルでOutlookクライアントにログインするまで実行されません。
  • リンクされたメールボックス「https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123524.aspx」を参照してください。 リンクされたメールボックスの場合、Exchangeは、外部アカウントの代用として使用されるローカルフォレストに無効なユーザーアカウントを作成します。MigrationWizは、メールボックスにWebアクセス(OWA / EWS)でアクセスできる場合にのみ、リンクされたメールボックスを移行できます。
  • カテゴリーの色分け
  • 連絡先の名刺に追加された写真。
    注:ExchangeからOffice 365、Office 365からOffice 365など、忠実度の高い移行シナリオでの移行に写真が含まれています。

 

Exchange

Exchange Server 2003(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • Post(移行先がExchangeまたはOffice 365の場合)

Exchange Server 2007以降

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • BCC受信者
  • Post(移行先がExchangeまたはOffice 365の場合)

Exchange Server 2010 SP1以降

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • サーバー側のルール
  • フォルダー権限
  • Post(移行先がExchangeまたはOffice 365の場合)

移行されないアイテム

  • メールテンプレート
  • メールフラグ(移行先がG Suiteの場合)
  • 安全な送信者/ブロックリスト
  • メール設定
  • パブリックフォルダーに保存されているスタンドアロンドキュメント
  • Exchange 2003:パブリックフォルダー
  • Exchange 2007:パブリックフォルダーの権限
  • システムパブリックフォルダー
  • IPF
  • 付箋フォルダー

 

G SuiteとGoogle

G Suite

無料のGmailアカウントはサポートされていません。

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー/ラベル
  • メール
  • ミュートされたメール(通常のメールとして)
  • 連絡先
  • カレンダー(カレンダー会議内のGoogleハングアウトのリンクを含む)
  • カレンダー通知

注: Googleハングアウトのリンクは、Google Meetingに追加された新しいデフォルト機能です。Microsoft Office 365には、対応するプロパティがありません。したがって、Office 365に移行すると、GoogleハングアウトのリンクがOffice 365の会議説明本文テキストの先頭に追加されます。

移行されないアイテム

  • カレンダーリマインダー
  • 予定

移行元として

  • カレンダーの添付
  • カレンダーリマインダー
  • 特定のカレンダーの色
    注:すべての色分類項目のメタタグは転送されますが、Office 365にはGoogle G Suiteからの直接のカラーマッピングがありません。これにより、特定の色はマッピングされないため、カレンダーエントリの色はOffice 365に表示されません。
  • タスク
  • チャットとチャット履歴 
  • フォーラムや共同受信トレイを含むGoogle Groups for Business
  • Googleカテゴリ(つまり、Googleカテゴリフラグ:ソーシャル、プロモーション、更新、フォーラム)
  • Googleドライブにリンクされたメールの添付ファイル

移行先として

  • カレンダーの添付
  • 定期的な予定の例外
  • フォーラムや共同受信トレイを含むGoogle Groups for Business

Googleサイト

サポートされていません。

 

Office 365

グループとメール

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • サーバー側のルール
  • フォルダー権限
  • Post(移行先がExchangeまたはOffice 365の場合)。

移行されないアイテム

  • 安全な送信者/ブロックリスト

その他の環境

GroupWise 7以降(移行元のみ)

移行できるアイテム

移行先がExchangeまたはOffice 365の場合:

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク

移行先がExchangeまたはOffice 365ではない場合:

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 移行されないアイテム
  • 共有フォルダー
  • 移行先がG Suiteの際の、連絡先およびカレンダーの予定
  • マルチユーザーフォルダー
  • 頻度の高い連絡先
  • 連絡先候補

IMAP

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール

Lotus Notes 6.5以降(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク

移行されないアイテム

  • ロータス配布グループ
  • ロータスメールグループ
  • ジャーナル
  • ゴミ箱フォルダ内のアイテム

POP(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • メール

Zimbra 6以降(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • 受信トレイ
  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク

移行されないアイテム

  • Zimbraタグ

ドキュメント

これは完全なリストではありません。通常の移行先のみが含まれます。サポートされている移行先の完全なリストは、プロジェクトの作成時に「移行先設定」で確認できます。

MigrationWizは、移行先でサポートされていないアイテムを移行できません。ただし、場合によっては、移行元のアイテムを移行先で受け入れられるものに変換できます(例:GoogleドライブのGoogleドキュメント> OneDrive for BusinessのMicrosoft Word)。

Google ドライブ

  • フォルダー
  • ドライブ内の共有フォルダー
  • 権限
  • G Suiteネイティブファイル(Googleフォームを除く)。これらは、移行先がGドライブであっても、デフォルト設定ではOfficeファイルに変換されます。
  • コードファイル
  • ドキュメント
  • 画像
  • 実行可能ファイル
  • 動画
  • 音声ファイル

その他の環境

注:これは移行元の完全なリストではありません。新しい機能と移行元は常に追加され、このドキュメントはそれに応じて更新されます。

 

Dropbox

注:Dropboxが移行元として構成されている場合、共有フォルダーとアイテムは移行先に移行されますが、共有権限は移行されません。同様に、Dropboxが移行先として設定されている場合、共有フォルダーとアイテムは移行元から移行されますが、共有権限は移行されません。

移行できるアイテム

  • フォルダー
  • 共有フォルダー
  • コードファイル
  • ドキュメント
  • 画像
  • フォーム
  • 実行可能ファイル
  • 動画
  • 音声ファイル

移行されないアイテム

  • Dropbox共有フォルダー権限
  • Dropbox Notes
  • Dropboxブックマーク
  • Dropboxタグ
  • バージョン履歴

ファイルサーバー(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • フォルダー構造
  • ファイル
  • 権限

OneDrive for Business

移行できるアイテム

  • フォルダー
  • 共有フォルダー
  • 権限
  • コードファイル
  • ドキュメント
  • 画像
  • フォーム
  • 実行可能ファイル
  • 動画
  • 音声ファイル
  • 元のメタデータとBitTitan移行メタデータ(作成者、編集者、作成時間、更新時間、名前、ファイルサイズ、種類、MigrationWizId、MigrationWizPermissionId)
  • (誰々)が(いつ)作成、(誰々)が(いつ)更新、等のドキュメント属性。

移行されないアイテム

  • 作成日 -  「作成日」は移行の際、移行された日に変更されます。
  • ドキュメント履歴
  • バージョン履歴
  • アクセス可能なリンク

SharePoint Online

移行できるアイテム

  • ドキュメントライブラリ
  • 権限

移行されないアイテム

  • サイトのロゴとカスタマイズしたもの
  • タスクリスト
  • カスタムタスク
  • ニュースフィード
  • バージョン管理
  • メタデータ

 

アーカイブの移行

Exchange Server 2003以降(移行元のみ):(Exchange Server 2003アーカイブはサポートされていません)

Exchange Server 2007以降:(Exchange Server 2007アーカイブはサポートされていません)

Exchange Server 2010 SP1以降

移行できるアイテム

  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • サーバー側のルール
  • フォルダー権限
  • BCC受信者

Office 365

移行できるアイテム

  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ
  • サーバー側のルール
  • フォルダー権限
  • BCC受信者

Google Vault(移行元のみ)

移行できるアイテム

  • フォルダー
  • メール

G Suite(移行先のみ)

  • フォルダー
  • メール

IMAP(移行先のみ)

  • フォルダー
  • メール

PST(移行元のみ)

ユーザーのAzureストレージからのPSTファイル

  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ

PST BitTitanストレージ(移行元のみ)

UploaderWizを使用してBitTitanストレージにアップロードされたPSTファイル

  • フォルダー
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • タスク
  • ジャーナル
  • メモ

Amazonストレージ

  • ストレージクラス「Glacier」のアイテム-Amazonの保持ポリシーによってコールドストレージにアーカイブされたアイテム

コラボレーションの移行

すべてのチーム種類

  • パブリック
  • プライベート
  • 組織全体

チャネル

投稿

  • 構造
  • フォーマット
  • ルートメッセージ
  • 返信
  • フォント
  • 箇条書き
  • リスト
  • 引用
  • 絵文字
  • インライン画像とステッカー
  • コードスニペット
  • ハイパーリンク
  • GIF
  • 削除されたメッセージ通知
  • メンション(移行後の重複した通知を防ぐため、テキスト形式として移行)
  • タイムスタンプ(UTC表記)

ファイル(プライベートチャット内のファイルを除く)

メンバー

移行されないアイテム

  • プライベートチャット
  • プライベートグループチャット
  • プライベートチャネル内のファイル
  • いいね/反応
  • 投稿スレッド内のファイルへのリンク、会議出席依頼へのリンク
  • ファイルのプレビュー
  • ハイパーリンクのプレビュー
  • 予定表のプレビュー
  • ユーザー固有の設定-お気に入り、プロフィール写真、ステータスメッセージ、保存されたメッセージ
  • 動的グループ - グループは移行されますが、静的グループとして移行されます。
  • タブ 例:Planner、Yammerなど。カスタムタブも移行されません。
  • カスタマイズされたチーム設定 ー チームの写真、メンバーの権限、ゲストの権限、メンション等も含みます。チームは移行時に新しいチームとして移行先にデフォルト設定で作成されます。
  • チームリストの順序。移行後、チームは移行先で移行元と同じ順序で表示されません。チームの順序はユーザーがドラッグアンドドロップして並べ替えることができます。
  • Wiki

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています