Office 365からOffice 365へのメールボックス移行ガイド

以下の手順に従って、移行の準備をしてください。手順を完了すると、移行を開始できます。

本シナリオでの、MigrationWizによって移行されるアイテムと移行されないアイテムを確認するには、移行されるアイテムを参照してください。移行されるアイテムは、移行元と移行先の環境によって異なるため、一覧から適切な環境を選んで確認してください。

MigrationWizは移行ツールであり、同期ツールではありません。移行完了後に移行元のアイテムに変更が加えられた場合、その変更は移行先には反映されません。同様に、移行先で加えられた変更も、移行元に反映されません。MigrationWizには、(同期エージェントのように)「ライブ」での変更のモニタリング機能はなく、ユーザーの操作なしに競合解決などを処理することはできません。

注:このガイドには、移行中に環境を併用使用する場合の手順は含まれていません 。併用設定を使用する場合の移行戦略ガイドについては、以下を参照してください。 Office 365からOffice 365への移行戦略:併用設定を使用して、異なるドメインへ移行する場合

 

はじめに

表記されている順序に従い、各ステップを完了してください。関連するナレッジベース記事については、追加のコンテキストを参照してください。記事へのリンクは、自動的に別ウィンドウで開きます。

リンクにはこの戦略に関する、よくある質問(FAQ)、リソース、および手引書など、他のガイドへのリンクが含まれる場合があります。

ユーザーへの影響を最小限にするには、MigrationWizの手順で説明されているように、この移行を複数回の移行サイクルで完了することをお勧めします。

MigrationWizは同期ツールではありません。移行の途中で、移行元で更新された移行済みアイテムは、移行先では更新されません。

MigrationWizは、ワークグループ全体に対し、移行プロジェクトを共有する機能をサポートしています。プロジェクト共有機能が有効になっている場合、すべてのアクティブなエージェントは全移行プロジェクトを表示できます。

 

移行元の準備

  1. 移行に使用する管理者アカウントをOffice 365で作成するか、またはテナントのグローバル管理者アカウントを使用します。管理者アカウントには、ユーザーのメールボックスへのフルアクセス権、または偽装権限が付与されている必要があります。Microsoftによって移行がスロットリングされる可能性を減らすには、偽装を使用することをお勧めします。偽装を手動で設定する手順の詳細については、 委任と偽装を参照してください。
  2. 管理者がユーザーのメールボックスにアクセスできることをテストします。
    注:独自ドメイン「domainname.com」アドレスではなく、「tenantname.onmicrosoft.com」アドレスへのアクセスをテストします。「tenantname.onmicrosoft.com」アカウントがOffice 365の各メールボックスに紐づいていることを確認してください。通常はデフォルトとして紐づいていますが、紐づいていない場合は各アカウントにエイリアスとして追加する必要があります。Office 365管理ポータルまたはPowerShellスクリプトを介して追加することができます。詳細については、メールボックスアクセスをテストするにはどうすればよいですか?を参照してください。
  3. (任意)移行元テナントからユーザーのリストをエクスポートします。これにより、移行するユーザーを移行プロジェクトにインポートします。アクティブユーザーのリストをエクスポートする手順については、次をご覧ください。管理センターのMicrosoft 365レポート–アクティブユーザー
    注:レポートはCSVファイルとしてエクスポートできます。エクスポート後、CSVファイルを編集して、必要に応じてユーザーを追加または削除できます。

 

移行先の準備

  1. 移行先のOffice 365テナントでユーザーアカウントを設定し、ライセンスを割り当てます。設定および割り当ての方法については以下のオプションを参照してください。
  2. 移行に使用する管理者アカウントをOffice 365で作成するか、またはテナントのグローバル管理者アカウントを使用します。管理者アカウントには、ユーザーのメールボックスへのフルアクセス権、または偽装権限が付与されている必要があります。Microsoftによって移行がスロットリングされる可能性を減らすには、偽装を使用することをお勧めします。偽装を手動で設定する手順の詳細については、「偽装を使用してExchangeまたはOffice 365から移行するにはどうすればよいですか?」を参照してください。
  3. 管理者がユーザーのメールボックスにアクセスできることをテストします。
    注:独自ドメイン「domainname.com」アドレスではなく、「tenantname.onmicrosoft.com」アドレスへのアクセスをテストします。「tenantname.onmicrosoft.com」アカウントがOffice 365の各メールボックスに紐づいていることを確認してください。通常はデフォルトとして紐づいていますが、紐づいていない場合は各アカウントにエイリアスとして追加する必要があります。Office 365管理ポータルまたはPowerShellスクリプトを介して追加することができます。詳細については、メールボックスアクセスをテストするにはどうすればよいですか?を参照してください。

 

MigrationWizの手順

  1. メールボックス移行プロジェクトを作成します(Create a Mailbox Project)。
  2. プロジェクトに移行するユーザーアカウントを追加します。詳細については、移行プロジェクトにアイテムを追加するにはどうすればよいですか?を参照してください。
    • 小規模な移行の場合、クイック追加(Quick Add)を使用して、ユーザーを1人ずつ簡単に追加できます。
    • 大規模な移行では、自動検出または「一括追加」オプションを使用することをお勧めします。
      • 自動検出は、移行元テナントで検出されたすべてのユーザーを追加します。プロジェクトでの編集により、移行しないユーザーは削除できます。すべてのユーザーは、移行元メールと一致するように、移行元と移行先のメールアドレスを含んで追加されます。メールアドレスのドメインを一括で変更するには、プロジェクトページ上部の「ドメイン名の変更」ボタンを使用してください。移行元から移行先へユーザー名を変更して移行する場合は、「一括追加」オプションの使用をお勧めします。
      • 「一括追加」では、ユーザーの移行元と移行先のメールアドレスを含むCSVファイルを使用してプロジェクトにユーザーを一括追加します。テナントから特定のグループのみを移行する場合は、「一括追加」オプションの使用をお勧めします。

重要:移行先テナントにて移行元と同じ独自ドメインを使用する移行シナリオの場合、移行プロジェクト内のユーザーアドレスは、移行元と移行先の両方で、独自ドメインではなくonmicrosoftドメイン名を使用して移行することを強くお勧めします。

上記を設定するには、独自ドメインを使用してプロジェクトにユーザーを追加し、次に、すべてのユーザーを選択し、メニューの「ドメインの変更」オプションをクリックして、onmicrosoftドメインを使用するようにユーザーを一括変更します。詳細については、移行メールアドレスのドメイン名を一括変更するにはどうすればよいですか?を参照してください。

このプロセスは、ドキュメントプロジェクトでユーザーのOneDriveデータを移行する場合に特に重要です。(独自ドメインがそこで使用されているため)

  1. プロジェクトの「詳細オプション(Advanced Options)」を設定します。詳細については、 MigrationWiz-詳細オプションとオプション例を参照してください。
    • この移行シナリオでの、最も有用なオプションは次のとおりです。
      • 移行元で偽装(impersonation)を使用するように設定します。「移行元(SOURCE)」ボックス内で「偽装を使用する(Use Impersonation at Source)」チェックボックスにチェックを入れます。
      • 移行先で偽装(impersonation)を使用するように設定します。「移行先(DESTINATION)」ボックス内で、「偽装を使用する(Use Impersonation at Destination)」チェックボックスにチェックを入れます。
      • 「サポート(SUPPORT) / サポートオプション (Support Options)」で、次を追加します。RecipientMapping="@sourcetenantname.onmicrosoft.com->@destinationdomainname.com"詳細については、「詳細オプション(Advanced Options)」 の「受信者アドレスのマッピング(Recipient Mapping)」セクションを参照してください。
        注:
        • 上記の受信者アドレスのマッピング(RecipientMapping)は一例です。そのままコピーしないでください。顧客のドメイン名に合わせて、移行元、移行先のドメイン名をそれぞれ、「sourcetenantname.onmicrosoft.com」「destinationdomainname.com」の代わりに記述してください。
        • 移行元と違うドメイン名へ移行する場合には、RecipientMappingで移行元の独自ドメインを次の例のように使用できます。RecipientMapping="@sourcedomainname->@destinationdomainname"
        • RecipientMappingサポートオプションは複数使用することができます。
        • Office 365からOffice 365への移行において、このステップは非常に重要です。これにより、旧アカウント名「sourcetenantname.onmicrosoft.com」(移行元 - 削除される予定)を使用するのではなく、新しい移行先ドメイン名にマッピングされるため、完全(差分)移行の完了後でも、移行先にてメールに正しく返信できるようになります。
  2. 「資格情報の検証(Verify Credentials)」を実行します。詳細については、資格情報を検証するにはどうすればよいですか?を参照してください。
  3. 適切なライセンスを購入してください。 詳細については 、 MigrationWiz:ライセンスを参照してください。
  4. 前段階移行(Pre-Stage Migration)を実行します。ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックし、「前段階移行(Pre-Stage Migration)」を選択します。「移行のスケジューリング」セクションのドロップダウンリストから、「90日前(90 Days Ago)」を選択し、「移行を開始」をクリックします。90日が推奨値ですが、他のオプションを選択することもできます。前段階移行(Pre-Stage Migration)では、古いメールアイテムのみが移行されます。期間を指定する事で、データをより小さく分割し、移行を複数回に分けて実行することができます。
  5. 移行元からドメインを削除します。
    注:
    • 前段階移行(Pre-Stage Migration)が完了した後に行います。通常、金曜日の夜遅い時間に行われます。ドメインを削除する手順については、Microsoftのドキュメントを参照してください。Office 365からドメインを削除する
    • 移行元テナントに複数のドメインがある場合、新しいテナントに移行する前にそれらすべてのドメインを削除する必要があります。
    • 管理者ポータルで、管理者アカウントのUPNを該当するonmicrosoft.comアドレスに変更します。
    • ドメインを削除すると、ユーザーはtenantname.onmicrosoft.comのメールアドレスを知っていて、当該アドレスにログインしない限り、メールにアクセスできなくなります。
    • 削除後、ドメイン削除のレプリケーションを処理するのに掛かる時間はおよそ30分です。完了するまでお待ちください。
  6. エンドユーザーにメールを送信し、Outlookプロファイルの再構成に関する操作を依頼します。DeploymentProを使用している場合は、 DeploymentProガイドを使用して、Outlookプロファイルを再構成する移行先ユーザーの設定をする事ができます。
  7. 移行先でドメインを検証します。これらの操作は、テナント2(移行先)の管理ポータルから行います。
    • 移行先のOffice 365アカウントのドメインを検証します。本検証には、Office 365のウィザードを使用することをお勧めします。ドメインがTXTレコードで検証されると、すべてのユーザーを新しいデフォルトドメインに変更することが可能なためです。
      注:ドメインは既にアカウントに追加されているので、「確認(Verify)」ボタンをクリックしてください。ドメインが検証できず、ドメインが別のアカウントに既に存在するというエラーが発生した場合は、Microsoftサポート(1-866-291-7726)に連絡し(米国のフリーダイヤル、他の番号も利用可能)、サポートにForefrontから手動でドメインをデプロビジョニング(解除)する必要があることを伝えください(英語: The domain needs to be manually deprovisioned from Forefront)。
    • すべてのユーザーのメールボックスに「Destinationdomain.com」ドメイン名が追加されていることを確認します。追加されていない場合は追加します。
    • 上記のステップにより、すべてのユーザーにドメインが追加されます。これを確認し、ドメインを追加するには、add_new_domain.ps1 PowerShellスクリプトをダウンロードしてください。ドメインの追加は、ユーザーのアカウントに新しいデフォルトドメインが追加されていない場合にのみ必要です。
  8. MXレコードカットオーバー。DNSプロバイダーのポータルで、新しいOffice 365テナントのDNS設定を反映するようにプライマリMXレコードを変更します。DNSの設定では、Autodiscover、MX、およびSPFレコードを変更します。また、移行元テナントの設定を削除します。これらの設定は、次の手順に従って、Office 365管理ポータルで実行できます。
    • Office 365内で、ヘッダーの「管理(Admin)」をクリックします。
    • 管理ページで、左ペインの「ドメイン(Domains)」をクリックします。
    • セットアップするドメイン名をクリックし、「DNS設定(DNS Settings)」 をクリックします。Office 365サービスを使用するために設定する必要があるDNSレコードが一覧表示されます。
  9. 完全移行(差分)サイクル:ユーザーを選択し、上部の「開始(Start)」ボタンをクリックして、「完全移行(Full Migration)」を選択します。「移行を開始」をクリックします。ほとんどのデータは前段階移行(Pre-Stage Migration)中に移行されているため、この移行サイクルはすぐに完了します。 Office 365からOffice 365への移行では、十分な帯域を利用できます。
  10. ユーザーリストを確認し、「移行に失敗しました(Failed)」という赤いエラー表示をクリックします。表示された情報に従って操作してください。
  11. 「エラーの再試行(Retry Errors)」を実行します。詳細については、移行に失敗したアイテムを再試行するにはどうすればよいですか?を参照してください。
  12. 問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。詳細については、製品のサポートを受けるにはどうすればいいですか?を参照してください。
  13. DeploymentProを使用していない場合、ユーザーは新しいOutlookプロファイルを作成し、署名を再設定し、以前のプロファイルに添付されていたPSTファイルを再添付する必要があります。
  14. MigrationWizダッシュボードの棒グラフアイコンをクリックすると、プロジェクトから全ての移行統計情報をメールで受信できます。詳細については、移行プロジェクトの統計情報をリクエストするにはどうすればよいですか?を参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
8人中7人がこの記事が役に立ったと言っています